話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

着きました、海です

目の前に広がるのは砂浜に広い海。そして他の海水浴客。うん、海に来たんだな。俺は荷物を抱えながらしみじみと思った。


海まではバスの乗り換えを繰り返して大体三時間くらいで着いた。ここの海は結構人が来るところでちゃんと海の家まである所だ。そして主な荷物などは男子陣が持たされている。まぁ、これは流石にしょうがないか。
そして今は着替えるためのロッカールームに居る。

「ほら、2人とも早く行くぞ」

「おう、今行く」

「....おー」

2人から返事が帰って来る。だけど武田の声には覇気がない。まぁ、仕方ないか。
何故武田の元気がないかと言うと理由は簡単。


それはバスに乗った時に起こった事だ。
武田は一緒に来ていたゆずに一目惚れしてしまったのだ。そして武田は行動を起こした。

「名前を教えてくれませんか!」

「え、如月 柚木ですけど...」

「よ、よかったら連絡先交換しませんか?」

そう言われたゆずは少し戸惑っていたがすぐに通常運転に戻り笑顔でーー

「嫌です」

と言われていた。
それからこの調子である。

「まぁまぁ、元気出せよ。初めてあったばかりだろ?しょうがないって」

「そ、そうか?」

「そうそう。だからそんなに気を落とすなよ」

「...そうだな。俺はまだ諦めないぞ!」

うん、チョロいな。結構苦し紛れに言ったんだが...これ程までに武田の馬鹿さが際立った事はないな。
そんな訳で俺達は外に出た。






「これでよしっと」

砂浜に移動してレンタル用のパラソルを建ててっと。これで完成。
ちなみに今この場には俺1人しか居ない。直人は飲み物の調達に行っている。武田は...海に突撃して行ったよ。それにしても...

「遅いな、あの3人」

女子は準備に時間が掛かるものだが...まさか此処でものなか。
俺が謎の戦慄をしていると、丁度そこに直人が帰って来た。

「今戻ったぞーって、どうした?」

「いや、女子って何処でも変わらないものだなって思って」

直人はよく意味がわかってないのか頭の上に?を浮かべている。そんなやりとりをしていると周りが何やらざわざわしているのに気が付いた。
俺と直人はその方へ顔を向ける。するとそこには見知った3人が居た。

「おーい、和ー樹ー!」

「あ、ちょっと待ってくださいよ未音先輩」

「和兄さーん!」

「え!柚木めっちゃ早い!?」

あの3人はほんと仲良いよな。

「和樹、私の水着似合ってる?」

姉さんの水着は黒のビキニでしかも今は胸を強調するような体勢をしているから目のやりどころに困る。

「前も見たよ。それと似合ってるんじゃない?」

「全く投げやりな返答だな」

そう言って姉さんは少し頬を膨らます。このコンボは流石に直視できねぇ!

「和兄さん、私のはどうですか?」

少し顔を背けると次はゆずが俺に聞いて来た。あれ?これって俺全員答えなきゃいけない系ですか?

「どうですか?」

あ、答えないといけない系ですね〜。
さて、ゆずの着ている水着は...確かテレビで前見たぞ、そうだ!パレオ系だこれ。色は黄緑色でとても似合っている。そしてマジでまだ中学生なんだよな?姉さんより大きいんじゃね?とりあえず一言正直に答えよう。

「結構似合ってるんな」

「そうですか!やった!」

「柚木ちゃんとても似合ってるよ!」

うわ!いつの間に来たんだ武田のやつ。そしてゆずが誰だっけ?って顔してるんだけど...可哀想だな。

「え、誰ですか?ナンパですか?」

あ、言っちゃったよ。しかも辛辣な追加文付きで。言われた本人である武田は膝から崩れ落ちていた。残酷かな人生、南無。

そんな武田を見ているとチラチラとこっちを見ている千紗都に気が付いた。感想でも言って欲しいのか?ちなみに千紗都が来るのは白色のビキニでその上から確かラッシュガードだっけ?それを羽織っている感じだ。2人とは違う感じで結構いい感じである。

「水着、似合ってるな」

「え、あ、うん。ありがとう」

褒めると顔を背けてお礼を言った千紗都だが耳まで真っ赤なので照れてるのがとても分かる。

「そろそろ何かやろうぜ」

直人にそう誘われる。そうだな、なにからやろうか?

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く