話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

突入!隣の家の和樹の部屋

夏休みに入ったので俺は自分の部屋でのんびり過ごしていた。ちなみに今姉さんは家にいない。理由は生徒会の仕事があるらしく、普段学校がある日と同じ時間帯に家を出た。お陰でゆっくり出来る。昨日「帰って来たら構いなさいよね!」なんて姉さんが言ってたけど...仕方ない、暑いなか学校まで行ってるんだから帰って来たら構うとしよう。

俺は寝転がっていたベッドから降りると、勉強机に向かう。夏休みの宿題に読書感想文がある。どの本で書くかはもう決まっているから後は読んで書くだけだ。

1時間経ち殆ど読み終わった。ふぅ、こんなものかな。

「あの、和兄さん」

「っ!!?」

突然後ろから声を掛けられてビクッ!ってなってしまうが急いで振り向く。するとそこにはいつの間に居たのかゆずが俺の読んでいる本を覗き込むようにして居た。いつから居たんだ!?そしてゆず、俺の反応が面白かったからかは知らないけどそんなに笑う必要ないだろ。

「ふふっ、そんな顔しないでくださいよ和兄さん」

「はぁ、そうだな。にしてもいつの間から居たんだ?」

聞くとゆずは説明を始めた。
来たのは30分程前でインターホンを押すとたまたま休みだった母さんが出たそうだ。母さんにゆずは家に上げられ俺の部屋に来た所、俺が読書をして居たそうだ。部屋に入っても俺が気が付かなかったので仕方なく待って居たとの事。
なるほど...

「気が付かなくてごめん!ゆず」

「いいですよ和兄さん。元々アポ無しで来た私が悪いんですから。...それと本を読む和兄さんと言う構成も見れましたし」

「ん?最後何か言った?」

「いえ、なんでもありません」

なんだろうか、千沙都とゆずは聞こえない程度の声でなにか呟く事があるんだよな。まぁ、いいか。聞いても教えれくれないだろうし。

「それより和兄さん!私が引っ越してからのこと教えてもらってもいいですか?」

「あぁ、もちろん。それなら俺にも引っ越してからの事を聞かせてくれ」

「はい」

こうして俺とゆずは引っ越してからの時間を埋めるように話しだした。





〜その頃未音は〜

「っ!松崎先輩」

「どうかしたの未音」

「なんだか弟の和樹に何かあった気がして」

「そうなの?じゃあ早くこの要望書の整理終えないとね」

何かを感じ取った未音は作業ペースを上げるのだった。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く