話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

未音との日常

桐島さん改め千沙都と出掛けてから1週間が経った。あの日以来3日間姉さんの機嫌が少し悪かった。やはり姉さんは付いてきていたらしくそのせいで機嫌が悪いみたいだ。なら付いてこなければ良かったのに。
ちなみに姉さんの機嫌が悪いは予想しているものとは違う。姉さんは機嫌が悪くなるといつもよりスキンシップが激しくなる。まぁ、簡単に言うと嫉妬しているらしい。
本当、大変な3日だったよ。


そんなこんなで今日は姉さんと家でのんびりとしている。時期は初夏で段々気温が上がってくる日なのだがエアコンはまだつけてない。暑い!

「姉さん、エアコンってつけたらダメ?」.

「まだダメってお母さんに言われてるでしょ?」

むむ、そうだった。俺暑いの苦手なんだよな。考えるのが怠い。

「あ、そうそう冷凍庫にアイスがあるんだった」

お、マジか。
姉さんは台所に向かいアイスを取って戻ってくる。持っているのは小さい球状に変えたアイスを何個か入れてある様なアイスである。
持ってきたそのアイスの袋を俺に渡してくる。俺は何故か受け取り袋を開ける。そして姉さんに返すために姉さんの方を向くと

「あーー」

姉さんが隣に座り口を開けてスタンバイしてた。なんのって?あーーんして欲しいっぽいよ。「あーー」とか言ってるし。まぁ、いいか
俺は軽い気持ちで袋の中からアイスを一つ取り出して姉さんの口元に運ぶ。すると予想外の事態が起きてしまった。

「ん!」

「ちょ!姉さん!?」

姉さんが俺の指ことパクリと口の中に入れたのである。なんかあったかい。
そして姉さんは俺の親指と人差し指をアイスと一緒に舌で舐めている。な、なんで指が抜けないの!?てか右手首を両手で逃さない様に持つのやめて!

俺が姉さんから解放されたのはそれから1分後のことだった。
や、ヤバイ指先がアイスので変に冷たいのが残ってて親指と人差し指はなんかふやけてしまった。舐めすぎだろ。てか舐めないで欲しかった。

「ふぅ、満足満足」

「満足満足じゃないよ!っての」

「あいた!和樹の愛の鞭が痛い」

変なこと口走る姉さんにチョップを食らわせるともっと変なことを言い始めた。ヤバイ少し姉が暑さのせいか変態になってきている気がする。
俺は問答無用で部屋のエアコンをつけて二階の自分の部屋に戻った。


部屋に戻った俺は引き出しの中に入ってある1週間前に買ったキーホルダーを取り出した。千沙都とデートなのかな?デートでいいや。まぁ、デートした日少し寄って買ったものだ。葉の色がピンクの四つ葉のクローバー型のキーホルダーそれを日頃の感謝的な意味で送る事にした。

俺は封筒を取り出してその中にキーホルダーを入れる箋を閉じて表に日頃の感謝と書いて完成っと。これを姉さんの部屋の前に置いてっと。

よし、とりあえずやる事は終わったな。
俺はさっき下でしたアイスのやり取りで少し疲れたため昼寝する事にした。まぁ、もし起きれなくても姉さんが起こしてくれるだろう。


俺は起きたのは晩御飯の前だった。しかも姉さんに起こされて。

「ほら、早く降りるよ」

そうにこやかに言う姉さんのポケットに入れてあるスマホには俺の送ったキーホルダーが付いていた。



「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く