話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

千沙都とのデート 3

お昼を軽く済ませた俺たちはさっきの話であったように映画を見るために隣接してある映画館までやって来ている。

さて、どの映画を観る予定なのだろうか?俺的に見てみたいのはパイレーツ オア カリビアンズの最終章である。

「ねぇねぇ和樹くん、あの映画見てみたい」

桐島さんが指を指しているのでそっちを向くとそこにあったのはホラー映画の広告だった。
俺は別に大丈夫なのだが...

「ねぇ、桐島さん」

「な、なに?」

「足震えてるけど大丈夫?」

「え?こ、これは武者震いなの!」

「顔色が悪いけど大丈夫?」

「す、少し冷えるわね。あはははは」

桐島さんが目をサッと逸らしながら明らかにわざとらしい笑い方をしている。
見るからに苦手...なんだよな?何故ここまでして見たがるのか分からんが。

「まぁ、後10分で始まるっぽいから行ってみる?」

「う、うん」

俺たちは受付でお金を払い中に入っていった。
俺たちが入ったのを見計らったようにとある2人が受付に向かう

「いっらっしゃいま「さっきの2人が座る後ろの席でお願いします!」っ!?は、はい」

「なんかすいません」

そんなやり取りがあったなんて俺は知らなくて良かったと思った。





映画が始まると桐島さんは初めっから怖がっていた。その際隣に座る俺の腕をガッシリとホールドしていた。これはまぁ、役得だよな。
ただ...桐島さんって、胸がそこまで無いんだね。うん。だけど普通より顔が近くに来たりしてして変に緊張して映画どころじゃなかったんだよね。
だけど、途中何回か後ろの席の人に顔に抱きつかれたりしたんだよね。なんだったんだろうか?後頭部が幸せに包まれてたから気にして無いけどね。

映画を見終えると桐島さんがぐったりしてたので何とか映画館に行く前に居たカフェに戻ってきた。

「少し落ち着いた?」

「...うん、なんかごめんね和樹くん。わたしの我が儘に付き合わせて」

「別にいいよ」

そう言うがまだ桐島さんは納得がいってない顔をしている。そうだな

「あ、なら休んだ後また見て回らないか?もう少し見て回りたいんだよ」

そう言うと桐島さんは少し驚いた顔をした。だけどすぐに笑顔に変わり

「うん」

とだけ返事をした。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く