話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

あれれ?おかしいぞ?

午前9時50分

俺は10分前に待ち合わせにしていた駅前に着いた。まだ誰も来ていない。
にしても昨日の晩いきなり直人が来れないとか言ってたからな〜。まぁ、別にあいつとはよく居るからな。居ても居なくても変わらないか。

それから5分後に桐島さんが来た。
桐島さんは俺が既にいるのを見ると駆け足でこっちまで来た。

「おはよう、和樹くん。あれ?直人くんは?」

「あー、あいつなら昨日の晩に今日来れなくなったって連絡があったんだよ」

「.....え?」

そう言うと何故か桐島さんは目を見開いて驚いていた。どうしたんだ?

「桐島さんどうしたの?」

「えーとね。今日の朝、剛士から連絡があって...」

「ま、まさか?」

「そのまさかなの。剛士今日来れないって」

一旦整理しようか。
まず、元々4人で遊ぶ気だった。昨日直人が行けなくなり、客の朝武田が行けないと言った。そして今いるのは俺と桐島さんの2人ということはーー

「....ほとんどデートみたいなもの」

今のは俺ではなく桐島さんがポツリと言った言葉。だけど周りがあまりうるさくなかったので余裕で聞こえてしまった。
少し顔が赤くなってるのが分かる。なるほど、桐島さんも似たような事思ってるのか...。
にしても今思えば姉さん以外の女子と2人で遊んだりとか小学生のとき以来だよな。
そんな感じで変に緊張して来た俺は桐島さんと共に駅の方に向かった。
向かう場所は隣町のあのショッピングモール。







時は少し遡り和樹が待ち合わせ場所に着いておよた1分後の事

私は直人と一緒に和樹からなるべく近く気がつかれない距離の位置に丁度あった自販機の前に立っている。

「この距離なら会話していてもなんとか聞こえるわね」

「そうですね。にしてもなんで俺までストーカー紛いの行為をしなくてはならないんだろうか」

直人が諦めた感じの声色でそう呟いている。まぁ、そう言う運命だったとしか言いようがないわね。

そんな感じで待つ事約4分。
やっと千沙都がやってきた。むむ、お洒落してきてる。3人で行く事になってもアピールする気満々ね。流石私のライバル。

それから2人の会話を聞いていると何やら話が変な方向に向かい始めた。
え、直人が来れない?ここに居るからよね。もう1人の男子がドタキャンした?
それを聞いた千沙都は聞こえなかったけど「デートみたい」と言っているに違いない!
うぬぬぬぬ!

「く、苦しいです!ギブ!ギブ」

「あ、ごめん」

無意識のうちに直人の襟元握って思いっきり揺さぶってたみたい。

あ、移動し始めた!
私は直人の襟元を引っ張って和樹達の後を追った。


「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く