話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

ライバル

俺はいきなり笑い出した2人を唖然として見ていた。

「おい、和樹」

「な、なんだ武田」

「トイレに行きたいんだけど何処にあるんだ?」

武田がそんな事を聞いてきたので普通に教えてやると、小走りでリビングから出て行った。.....はぁ!まさかあいつここから逃げるために籠りやがったのか!
それなら俺も早くこの場から退場しなければ!場違い感が凄すぎる!
立ち上がろうとした時に服を引っ張られる感覚がしたのでそちらを向くと直人が這い寄るような格好をして俺の服を掴んでいた。そうか、お前もか

「ちょっとジュースなんか注いでくるわ...」

「「........」」

一応桐島さんと姉さんに声を掛けて俺と直人は台所に向かった。






和樹達が何処かに行ってしまったけど今目の前に居る和樹のクラスメイトのこの女から目を放すわけにはいけない。
今初めて会った時に私の乙女の勘が告げたの。この女は....和樹の事が好きだ!だけど念のために確認しなければ...

「貴女もそうなのね?」

「と言う事はやっぱり生徒会長さんも?」

「ふふ、そうよ!」

やっぱりこの女も和樹を狙っていたのね。
私は目の前の女を思いっきり見つめる。

「ッ!」

若干気圧されていたけど負けじと私を見返してくる。ふふ、なるほど思いだけは同じだけありそうね。

「名前はなんて言うのかしら?」

「え?あ、私は桐島 千沙都っていいます」

「なら私の事は未音先輩とかそんな感じで呼ぶのでいいわよ」

「なら、未音先輩で」

「うん。ところで千沙都ちゃん同志であり敵同士でもある貴女に質問なんだけど、和樹の昔の写真とか見てみたくない?」

「え!いいんですか!?」

こうして私と千沙都ちゃんは和樹達が帰ってくるまでガールズトークを楽しんだ。






あれから10分が経ち俺たちはジュースを持ってリビングに戻った。もちろん途中でトイレから武田を回収してきた。リビングに戻ってみた光景に俺たちは目を丸くした。10分前までのなんとも言えないような空気がなくなり、今は女子2人の会話を楽しんでいた。

「あ、和樹早く座りなよ」

「そうだよ、武田達もほら」

「あ、あぁ」

桐島さんと姉さんに促されるがままに座る。
武田と直人の位置は変わらず。だが俺の座る位置はと言うと...

「ねぇ、狭くない?」

俺が真ん中で姉さんが左の位置。桐島さんが右の位置に座っている。多くても2人までの幅だからかなり狭い。

「そんな事ないですよね?未音先輩♪」

「そうよ。和樹は早く勉強進めるわよ」

2人がそう言うので仕方なくその状態で勉強する事になったが、勉強会が終わるまでの2時間の間俺は2人から香る女の子の匂いで集中する事が出来なかった。
俺のこの反応は普通だよね!仕方なくないよね!

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232154

    目を放すわけにはいけない

    目を離すわけにはいかない
    です

    0
  • ノベルバユーザー73232

    面白いです!これからも頑張ってください!!

    3
コメントを書く