とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

デジャブ

デートから数日が経った俺と姉さんの関係はと言うと...

ガチャガチャ!ガチャ!  ドン!ドン!ドン!

「ねぇ和樹〜、部屋の鍵開けてよ〜」

「嫌だよ姉さん!そもそも理由あるの?」

「理由?もちろんあるよ〜。それはね、和樹とくっつきたいからだよ」

「それなら尚更開けれないよ!」

ドア一つ越しの攻防戦を繰り広げていた。
主な理由を上げるなら一つしかないだろう。それは姉さんと行った...もうデートでいいや。まぁ、そのデートの最後にされたキスのせいで妙に姉さんを意識してしまってろくに視線を合わせれない状態である。...主に俺だけが。
それを言うなら前は結構なスキンシップしてたって?それは姉さんの言ってた好きを姉弟としの物と勝手に解釈してたからね。過剰なスキンシップもその延長線上の事だと思い込んでいたからリバウンドがキツイんだよね。

2分ぐらいの攻防のすえに姉さんが部屋に帰っていった。俺はそのやり取りに精神的に疲れて寝ることにした。






翌朝、目を覚ました俺は右腕に柔らかい感触を感じた。上半身だけ起こし、その感触の方を見ると案の定姉さんが居た。
あれ?可笑しいな〜昨日俺の部屋には鍵が掛かっていた筈だぞ〜?そんな事を考えていると姉さんが目を覚まして目を擦りながら起き上がる。
起き上がりきると俺は姉さんに声をかける。

「ねぇ姉さん、なんで俺の布団で一緒に寝てるの?」

「最近あんまり和樹と触れ合える機会が無かったから恋しくて恋しくて」

「鍵掛かってたよね?」

「それなら...これを使ったのよ」

姉さんは寝巻きのポケットに手を突っ込むと中から鍵を取り出した。...鍵?

「姉さん...その鍵って何処にあったの?」

「え?そりゃあ勿論お母さんに頼んで出してもらったに決まってるでしょ?」

「母さーーーーーん!?」

俺はまさかの母さんの行為に思わず叫び声をあげるのだった。





朝に思わぬ事があったが学校に無事つくことができた。

「あぁ、なんか色々疲れるわ」

「中々大変そうだがどうしたんだ?」

「何かあるのなら話ぐらいなら聞くわよ?」

そう言ってくるのはあの件以降クラスの中では一緒に居るようになった武田、それと桐島さんである。

「いや、そこまでの事じゃないから気にしなくてもいいよ」

俺はなんとか話をはぐらかす。まぁ、姉が義理とはいえ弟の事を本気で好きになっていて毎日のようなスキンシップに困ってるとは言えない。

「そうか、ならよかった」

「そうね、だけど何かあったら言いなさいよ?」

そんな事を考えていると2人はあっさり引き下がってくれた。そんな2人を見て内心ため息を吐いた。

「そろそろ席に座ってください」

教室に入ってきた先生がそう言うと立っていた生徒は自分の席に着き出した。

今日は穏やかな日になりますように。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品