とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

自己紹介

体育館から校舎に移動して二階にある一年生の教室に向かった。
ちなみにクラスは4クラスある。A組、B組、C組、D組と言った具合だ。ちなみに俺はA組だった。直人?あぁ、うん。別のクラスだったよ。出来たら同じクラスが良かったんだけどな〜。

教室に着き何を基準に決めたか分からない出席番号順に座っていく。全員が座った頃に先生が入ってくた。

「私がこのクラスの担任になった清家  望美です。担当科目は国語をしてます」

担任になったのは女性の先生だった。と言っても見た感じ50ぐらいかな?

「それじゃあ、最初という事で自己紹介からしていきましょう!じゃあ、出席番号1番の人から」

自己紹介が始まり改めて思ったが、ここの学校の出席番号の並べ方おかしくないか?何故縦列からじゃなくて横列からなんだ。
そんなことを考えていると、いつの間にか俺の隣まで順番が回ってきていた。いつの間に!?
てか、隣の席って新入生代表挨拶してた女子じゃん。

「えーと、桐島  千沙都です。好きな事はお菓子を作ったりする事です」


へぇー、千沙都っていうのか。桐島さんが席に座り次はーーっと、そうだった俺の番か。

「東雲  和樹です。運動なんかは得意です。よろしく」

ふぅ〜、なんかこういうの変に緊張するんだよな〜。
俺は自己紹介を終えて一息ついて居る時、隣で俺の事を伺う視線に俺は気付く事はなかった。

自己紹介が終わり、簡単なホームルームをして今日は下校となった。さて、帰るとしますかね。
俺はバックを持って教室から出ようとした時。

「ちょっと待ってー!和樹くん!」

俺の進行を阻むように出入り口と俺との間に入り込んできた人物が居た。俺は返事をしようとするが自体は動く。

「おっととと!?」

「ちょ!桐島さん!?」

間に入り込んできた人物ーー桐島さんは勢いをつけ過ぎたのか、バランスを崩し後ろに倒れそうになってしまう。俺はほぼ反射的に左手を出し桐島さんの手を掴む!が少し遠かった為右足を前に運び全身を前に進め、そこから手を引っ張り体制を直させる。
この時自然と近くなってしまうのは仕方ない事だろう。

「あ、案外大胆なのね?」

「何故そういう話になるんだよ」

「おーい、和樹一緒にかえろ...う....」

そこにちょうど悪いタイミングで直人までやってきてしまった。
まぁ、逆にナイスタイミングだ!これですぐに帰る口実が出来た。だが、直人は俺の予想外の行動に出る

「あー、うん。先に帰るわ」

あの野郎先に行きやがった!逃がさんぞ!

「ちょっとまてー!」

俺は直人の後を追って階段を下りていく。
教室に残された桐島さんは一人佇んでいた。だが、その頬は少し赤くなっていた。

「一目見た時からいいと思っちゃったけど...ふふ、東雲 和樹。なおさら貴方がいいと思っちゃった」


そう言いながら一人小さく笑うのだった。
それを見ていたクラスの何人かの女子が「早いわね〜」などと言っていたが本人の耳には入る事はなかった。


「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 究極天使『レイム』

    話の展開が上手いっ

    0
コメントを書く