話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)

Fuu

入学式前日

幼い頃ならこんな事もよくあるだろう。そしてそれが何処かに遊びに行ったりした時なら、親が録画してたりする時とかあるだろう。

「おおきくなったら、おねえちゃんがおよめさんになってあげる」

「うん、ありがとう!おねえちゃん!」

だからって...


「ねぇねぇ!ちゃんと言ってるでしょ?だから私と付き合って!」

「こんな動画引っ張り出してきたと思ったら、またそんな事を言ってるの?姉さん」

「当たり前じゃない!」

つい先程お風呂から上がってきた俺に姉さんは何処にあったのか昔撮影したのを見せてくる。それに、この姉は何当然の様にそんな事を言っているのだろうか。
そんな事より...

「そう言えば、さっき母さんがさっさと風呂に入れって言ってたけど」

「ふーん、わかった。そうだ!久しぶりにお姉ちゃんと一緒にお風呂入らない?」

「いや、俺風呂上がりなんだけど」

俺がそう答えると姉さんは「ちぇー」と残念そうに言う。いや、流石にこの年で一緒に入るのは精神的にやめてほしい。
何だか普通に返事を返しただけなのに何故か予想以上にヘコんでいた為少し話を振ることにするか。

「姉さん、明日の入学式の用意ってこんな感じで良かったっけ?」

「んー、どれどれ?.....問題ないよ」

「ありがとう」

俺は荷物の入ったバックを二階の自分の部屋に持ってあがる。後ろから「もっとお姉ちゃんを頼ってもいいんだよ〜」と多分嬉しそうな顔して言ってるのが頭に浮かぶが無視してあがる。


さて、明日から高校生になるから気を引き締めないとな。
俺は少し早めに眠りにつくことにした。

「とても人気ある生徒会長の姉は、ブラコン過ぎてヤバイ(暴走気味)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • にせまんじゅう

    ブラコンかー、羨ましいぜっ

    0
コメントを書く