異世界でみんなの飯テロ保護してます!

雪見だいふく

いらねぇよ!

 何で、俺が罪人のようにペコ女王の前へ連れていかれてるの!?

 ペコ女王の前へ行くと驚くような顔をする。

「……! お前だったのか。悪い。その……変態かと」

 へんた……

「キャァアアァァアッッッ!!」

 俺に会った女性と同じくらいの悲鳴をあげてしまったぜ。
 なんと。俺はバニーガールの格好のまま男に戻っていたのだ! いや気づけよ! そう言われてみれば寒かったけど。

「その……。これには理由がありまして!」
「な、何だ? 話してみろ!」

 ペコ女王も動揺してるな。そりゃあ、そうか。男がこの格好をしてたら目立つもんな。色々と。

「俺は色々な都合でお……」

 いや。待てよ。こんな事を言っていいわけがない。女でした! 頭おかしいだろ。のくだりになるだけだ。
 ど、どうすれば!
 こんな大勢の前で「実は女装癖があります!」なんて、言う事は不可能だ。

「て、敵に女装させられました。そして、馬鹿な俺は気づきませんでした」
「そうか……まぁ、いい。部屋で休め」

 絶対に信用してないな。これ。
 ここは部屋に戻るのが吉。と、いうより部屋に逃げさせてくれ!

 俺は服も持っていなかったので、そのままの格好で全力疾走し、部屋に戻った。

 部屋に入ると、悲鳴があがる。
 同時にメイクも始まる。
 この三人は何なんだ! 活躍してそうなんだから、賞賛されとけよ!

「「「ぷ……ぷぷぷぷ」」」

「笑うなら、笑えよ!」

 何で、男になってまでこんな事をしなくちゃいけないんだ。

「それより、何でそんな格好なの?」
「今頃聞くな!」

 ツッコミを軽く入れて、そのままの格好でソファーに寝転がる。

「はぁ……」
「幸せが逃げるぞっ?」
「陽葵さん……。もう逃げてます」

 異常な程に疲れている俺は返答する気にもなれない。そりゃあ、性別が変わったりしたらなぁ。
 ていうか、メイクされた時に感づかれたりされてないよな。

「あ、そういえばさー。私達三人はこれから、飲みに行くんだけど行く?」

 街を治すことを最優先しろよ……。まぁ、いいけど。

「行ってらっしゃい。俺は疲れたから寝るよ」
「そっか。なら、私達だけで行こっか」
「そうだねー」

 扉の閉まる音がする。疲れたー! 俺は体を伸ばした後、目を閉じた。


 ――――――
 ――――
 ――


『久しぶりだねー!』

 この声、誰だっけ。
 ていうか、水中!? 何で、俺は死んでないし、辛くないんだよ。
 あ……。夢なのか? なら、大暴れしちゃおう!

『今、お前誰だっけ。って、思ったでしょ。お見通しだよー』

 夢だから。か。

『誰なのかを当てられたら君が強くなれる方法を教えてあげよう』
『マジか! えーっと……。田中』
『違うわ! 誰や!』

 誰だよ……。全く。

『はぁ……。忘れちゃったのォ?』
『キッパリ言って、全く分かりません』
『なら、姿を現すかね……』

 すると、何も無い水中から人影。では無く、化け……。ゴホン。でもなく、人魚が現れた。
 あの名前の分からない。デブでブスの人魚だ。

 ……あ。心を読まれてるんだった。殺される。

『……殺していい?』
『やめてください』
『それで……要件なんだけど。緊急事態の時以外は開けるな! って、言ったアイテムがあるでしょー?』
『それの説明をしようかなー……って。そろそろ君にも使いこなせそうだし』
『は、はぁ?』

 ヤバい。あのアイテムどこにあるか、分からなくなってるなんて、口が裂けても言えない。

『……本当に殺していいかなー?』
『やめてください』
『で! 君へ渡したアイテムなんだけど。使い方を誤ると危険だから……。よく聞いてね』
『はい』
『その道具を使う前の詠唱から、説明するよ』

 まずは、どんな道具かを説明しろよ。

『まぁまぁ。そう焦らないでー。じゃあいくよー。ミラクルキランッ! キューティーハート! 貴方の心を撃ち抜いちゃうぞっ?』

 うっ……。殺傷効果あり。
 ミラクルで右に一回転して、キランッ! で親指と人差し指でピースサインを作り、目の近くに付ける。
 キューティーでハートマークを手で作り胸の前に当てて、ハート! の部分で前に出す。
 その時、唇をキスっぽくして、右足を外に開くように可愛く上げる。
 最後に、貴方の心を撃ち抜いちゃうぞっ? の部分でキスを飛ばすと同時に両手に銃を作り、相手に打つ。

 それを俺にやれと? それ以前に殺傷効果を与えるためにやったんじゃないか? と、不安になる。

『今の振り付けを君の頭にインプットしたから、いつだって思い出せると思うよー』

 いや、それは悪夢だ。やめてくれ。

『で……。この効果は殺傷意外に何か意味があるんですか?』
『そーだね。君が強くなるため。そう女の子になれる魔法かなー』

 ……は!?

 ――こいつは何を言っているのだろうか。

取得スキル
皿洗いの極意 出前の初級術

カルビ名人 焦がし焼きマスター 山葵鼻つめ リーフターン 玉ねぎボンバー 土下座フラッシュ(晴れの時だけ使用可能) 水鉄砲(小) おっぱおビーム

迷惑客の対処 愛想笑い 協調性 驚き対策 ロリコン対策 ジャパニーズソウル 無神経

おトイレの付き添い 遊園地の支配 身体強化(全身) 魚との会話 危機察知

つまようじ回避マン

お色家 変装『舞妓』

地球のゲームでもあったようなレベルの煽り 
演技『狂人』 主人公補正 騙される弱抵抗力

「異世界でみんなの飯テロ保護してます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く