妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

閑話:アピールチャンス。前編

 私は王都について、レジーナさんに剣を教えてもらうようになってからは、毎日王城の騎士訓練場に通い詰めだった。
 レジーナさんの戦い方本当に私に似ていて、ユウ様とも教え方も違った。私の武器、レイピアはつくことがメインの武器。レジーナさんの武器は斬ることもできるが、突く方がメインだと言う。
 修行は思ったより、辛く宿に帰ると、ご飯を食べて疲れて寝てしまう。ユウ様が夜な夜な、宿を出て修行をしているのは知っている。アイリス様の師匠をやりながらも自分の鍛錬も忘れない。流石だと思う。
 エルさんやヨリヒメさんたちが付いているから、さほど心配はしていない。心配したのは王都についてすぐに知らない女の人2人に連れてこられた時だ。灰色の長い髪の女の子と桃色の髪で、ツインテールの女の子。まぁエルさんとヨリヒメさんなのだが、説明された時は驚いた。
 あの後、私たちは黒い魔力の正体。ユウ様のコピペ能力。それらについても教えてもらった。最初は驚いたが、ムラクモちゃんなんかは知っていたのだろう。それほど驚いていなかった。
 私もフロンもまたユウ様のことが知れてうれしいと思った。
 ユウ様の力になるためにレジーナさんのきつい修行にも耐えていけた。
 そんなある日、レジーナさんから1日休みをもらえることになった。フロンは羨ましそうにこっちを見ていたが、ラースさんは問答無用で、フロンを鍛えるようだ。

「ということで、明日は休みにします」
「あ、ありがとうございます!」

 私はレジーナに向かって頭を下げた。
 するとレジーナは私の頭をあげさせる。

「ティナ殿はきつい練習にもめげずに付いてきた。そのご褒美とでも思ってくれ。よく頑張った」

 レジーナはそっと私の頭を撫でた。
 そして去り際にこう言ってきた。

「明日は姫様の用事で、ユウ殿も休みのはずだ。いい機会だ。デートにでも誘ったらいいんじゃないか? アピールのチャンスだぞ」

 そう言って、そのまま手を振り、レジーナは王城へと戻っていった。

 私がユウ様とデート? 確かに王都を見て回ることはできていない。最近ユウ様も私も忙しくて、あまりは話せていない。
 もしかして、このためにレジーナさんは明日を休みにしてくれたのかな?
 でも、ユウ様の周りには、エルさんやヨリヒメさん。ムラクモちゃんやヒサメさんがいる。フロンちゃんは修行だろうし、ノワールちゃんもきっとシーナちゃんに捕まる。

 デートに誘う方法を考えながら。ティナは帰路に就く。
 いつもユウ様の周りには女の子がいる。それぐらい魅力がある人なのはわかってはいるが、二人っきりになる時間がないっていうのが問題なのだ。
 アピールする時間がない。一応思いは伝えている。それに対する返事も貰っている。
 だからと言って、アピールしないのは違う気がする。

 そんなことを考えていると、いつの間にかソルロスの宿に着いていた。

「ただいまです」

 私は宿のドアを開けた。

「おかえりなさい」

 中にいたのはいつものメンバーだった。
 ミラにアーミル、シーナとノワールだ。
 この時間だとユウ様はもう戻ってきて部屋にいるはずだ。
 私は階段を上り、部屋に向かう。
 部屋に入ると、いつも通り、ベットに腰掛けているユウ様。その横にはムラクモちゃんがいた。
 どうにも話しかけづらい。

「どうしたんだティナ? そんなところに突っ立って」
「ひゃい」

 考えている最中に声をかけられたせいで、変な声が出てしまった。
 そして焦った私は、ユウ様の横に座る。
 すこし、驚いたような表情をする二人。それでも、普通にしている。
 最近は本を読むことが多くなったユウ様。
 そんな集中して読んでいるユウ様をじっと見ていると、ユウ様は本をパタンと閉じた。

「ティナ、何か話したいことでもあるのか?」

 私は一瞬迷うが、その一言を口にした。

「明日って、お暇でしょうか?」
「え? あぁ、アイリスも用事があるらしいからな、時間ならあるが」

 何かを察したのか、ムラクモは立ち上がり、ヒサメを手に取ってドアの方へと向かう。
 そして、エルとヨリヒメも実体化しその場を離れる。
 そんなみんなの行動を見て、私はみんなの気持ちに感謝した。
 きっと譲ってくれたのだ。
 そしてみんなの行動の訳が分からないユウ様は首をかしげている。

「ユウ様!」

 私は意を決したように、ユウ様を呼ぶ。

「ん? どうした?」

 私は大きく息を吸い私の思いを伝えた。

「明日! 私とデートしてください!」

 私がそう伝えると、ユウ様が固まってしまった。
 そして状況を察したユウ様の頬は赤く染まる。しばらく沈黙が続く。
 その少しの時間がとても長く感じられる。断られるのか、そう思ったとき。
 ユウ様は頭を掻きながら、こう言った。

「俺でいいなら……」

 とこんなことを言ってきた。私の気持ちを知ってるくせに。

「いえ、ユウ様がいいんです。だから……」
「わかった。じゃあ明日俺とデートしてくれ。ティナ」

 その言葉を聞いた瞬間。私の顔が一瞬で赤くなったことが分かる。

「な、なんでユウ様が言い直すんですかー!」

 そんな私の声はアーナさんの「ご飯だよー」の声によって遮られた。

「ほら、飯だ。下に行くぞ」

 それでも、私の声が聞こえているユウ様はそれを逃げる口実にして、下に降りて行った。
 でも、明日の約束はできた。アピールできるチャンスだ。
 私はレジーナさんに感謝し、ウキウキしながら下へと向かった。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ミーウィ

    帰路に就く。の就くは着くじゃ無い?

    0
コメントを書く