妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

13:UNKNOWN

「大丈夫か?」

 俺はようやく泣き止んだムラクモに声をかける。

「うん、」
「それじゃあ今からギルドに向かうか。刀に戻ってくれるか?」
「わかった」

 そういうとムラクモは俺の手を握った。そうすると、人化するときと同じくムラクモが黒い霧に包まれていく、黒い霧が晴れると俺の手にはいつも通り天叢雲剣があった。時間は昼頃、丁度良かったのでお金を払い宿で昼飯済ませる。

〝……〟

 ムラクモがなんか食べたそうにしてるけど。いきなり一人増えてたら面倒だ、特にあの女性店員に見つかると、変なことになりそうだ。

(またこんどな)
〝うん〟

 とりあえず納得してくれたみたいだ。また今度美味しとこ連れて行ってやらなきゃな。

 俺たちはギルドに向かった。宿からそこまで離れているわけでもなくすぐについた。結構大きかった。
 ギルドに入ると中の視線が俺たちに向く、なんでこんなに視線が来るのか、その理由はティナが教えてくれた。

「ユウ様の髪の色や恰好が珍しいからではないのでしょうか」

 そう言われて周りを見渡すと確かに黒髪の人物なんて見当たらなかった。
 だがそんなことはどうでもいい。ティナの鞄から伯爵にもらった紹介状を出し、受付嬢に渡す。紹介状の中身は読んでないが、それを見た受付嬢が「し、少々お待ちください」と言って奥へと戻る。しばらくすると受付嬢が戻ってくる。

「ギルドマスターがあなたたちにお会いになるようです。どうぞこちらへ」

 そういうと奥の方へと案内される。案内された場所は応接室のような場所だ。中に入ると赤髪の男性が立っていた。この人がギルドマスターっぽいな

「君がユウ・ツキカゲ君だね? それとティナ・アカーシャさん。どうぞそこへ腰かけてくれ」

 言われたとおりにソファーに腰掛ける。ソファーに座ると、ちょっと様子がおかしいティナに声をかける。

「どうしたんだ?」
「こ、この方元炎帝さんですよ、ランクSの」

 炎帝?なんじゃそりゃ。

「おっまだ僕のことを覚えてくれてる人がいるとはね、何十年も前の話だよ、今じゃ元冒険者のギルドマスターさ」
「炎帝?なんだそれは」

 もう気になったので直接聞いてみることにした。めんどくさいのは嫌だしな。

「紹介状に書いてあった通り君はあんまりこういうことは知らないようだね」

 あの紹介状に何が書かれているかは知らないが、異世界人っていうことは伏せられているようだ。まぁ、知られて面倒は嫌だからありがたいが。

「すまん」
「謝ることはないよ、簡単に言うとね。君にもステータスに属性があるだろ?それはその人が一番使える属性だ。だからだいたいの人はその属性をメインで活動している。で、基本属性については知ってるだろ?」

 ある程度宿でティナに聞いておいて正解だったな。

「ああ、基本属性は火・水・土・風・光・闇、使える者は少ないが上位属性に氷・雷・重力・空間・時間だったと思うが」
「あってるよ。それで冒険者でSランク上位の者各属性1名ずつに僕の場合、火だったから炎帝ってわけさ」
「SSランクになるとどうなるんだ?」
「また呼び方が変わるんだけど、まぁそこらへんは気にしなくてもいいと思うよ。冒険してれば耳に入ると思うし」
「じゃあ上位属性を使える物はそんなに少ないのか?」
「少ないね、まぁ知り合いに何人かいるけどそれでも少ないと思うよ、特に時間はね」
「最後だ。お前はこの中以外の属性を知っているか?」

 俺の言葉に、首をかしげる元炎帝さん。

「これ以外の属性?僕は知らないな、というかそんなものあるのかい?」
「あとで登録するとき見るんだろうからいいか、<顕現>」

名前、種族、年齢、属性、職以外を暗号化しカードを渡す。元炎帝さんの顔は驚きに包まれていた。それはそうだろう、書かれている属性はUNKNOWN、不明とか未知とかそんな意味の言葉が書かれているんだから。

「こ、これは二つの属性を持つ人がいるのは聞いたことがあるがまさか不明とはね。君は何が使えるんだい?」
「今のところは闇だな、もちろんこのことは口外しないでくれ」
「あ、あぁ、わかってるこんなの知れたら大騒ぎだからね」

 苦笑いする。面倒ごとは嫌いだ。

「それじゃあそろそろ本題へ行こうか、ティナさんもステータスカード見せてくれる?」
「あ、はい <顕現>」

 ティナもステータスカードを呼び出す。ギルドに登録するときステータスカードを見せないといけないらしい、見せる項目は俺が暗号化してない部分、名前、種族、年齢、属性、職だ。

「はい二人とも確認したよ。君のは特殊だからね、ちょっといじって闇属性で登録させてもらうよ」
「ああ、それでいい」
「ほんとは登録で二人で銀貨2枚いるんだけど、伯爵が出してくれてるから大丈夫だよ。あと最後にパーティー登録はどうする?」

 パーティはギルドの制度で、2人以上6人以下の冒険者で組める。パーティーはクエストの報酬などの分担も出来、パーティーにもランクがあるためこれによっても報酬とかが変わったりする。まぁ、だいたいは仲良し同士や師弟関係、やりたいクエストが被った時などに使用されるそうだ。俺はティナがいるので、一応お願いしておこう。

「頼む」
「パーティー名とか決まってる?」
「そんなものがいるのか?」
「パーティにもギルドカードとは別に代表者にカードがあるんだよ、メンバーの名前とかパーティのランクとか書かれたね?だから登録にパーティ名がいるんだよ」

 ティナを見ると首を横に振る。俺はネーミングセンスとかないしな、何かいい物は……
 俺はあたりを見渡す。そしてある一カ所で俺の首が止まる。向いている先はギルマスの方。目線は自分のステータスカード。そして俺はパーティ名を口にした。

「じゃあ、UNKNOWNで頼む」

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー288695

    面倒事が嫌なら見せなければいいじゃん

    0
  • ノベルバユーザー304999

    UNKNOWN....暗殺集団みたい....

    1
  • 作者K

    アンノウン?

    1
  • ノベルバユーザー55278

    パーティー名がUNKNOWNって、なんか怖いな

    2
コメントを書く