BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode6 #12「セブン・オーダー」

 ---「なあ涼子ちゃん」

 「ん?何?」

 炎美と涼子の2人は西城が所有していた山に辿り着いていた。2人は西城城の元へと向かうべく山の中へと入って行った。

 その道中、炎美は気になっていた事を涼子から聞き出そうとしていた。

 「志村さんの言ってたセブン・オーダーって何なんだ?」

 「ああ、そっか。炎美君は知らないかあ」

 炎美が聞いてくると涼子はふと今朝の会議に上がっていたセブン・オーダーの話を思い出した。

 「確か2年ぐらい前なんだけど三陽さんようっていう街があったの」

 涼子は歩きながら2年前の記憶を思い返し話し始めた。

 ---2年前、六英から少し離れた場所に三陽という街が存在していた。三陽はレジャー施設が多く観光客が多く訪れる活気ある街だった。

 しかしある日、7人の能力者により三陽は壊滅状態に陥ってしまった。街を破壊し回り死傷者は30万人以上、三陽にいた八割以上の人が被害を受けるという前代未聞の大事件となった。

 ---「そんな酷い事件が…」

 炎美は話を聞いていて吐気がする程に心苦しく感じた。その事件は三陽にいた人達だけでなくそのニュースを見た人達にも恐怖を植え付けた。

 「で、その事件はどうなったんだ?」

 炎美は心苦しく感じながらも事件の結末が気になってしまい涼子に問いかけてきた。涼子は仕方なしに話を続けた。

 「その後、すぐに上層部の方から緊急指令が下されて急遽、遠征が決まったの。その時派遣された確か豪鬼さんとフィリナと細谷さんの3人だった。私と柑菜も遠征に参加させて欲しいって言ったんだけど、局長は『ダメだ!?』って言って行かせてくれなかったのを覚えてる」

 「志村さんが?」

 志村の意外な言動を聞いて驚く炎美。志村ならそんな状況でも2人の意見に同意すると思ったからだ。実際に炎美は志村に厳しい状況下の中に送られた経験がある。

 それは炎美だけでなく涼子や柑菜も経験している。しかしその時の志村は頑なに首を縦には振らなかったそうだ。

 「あの時の私達は皆んなを少しでも助けたいっていう気持ちでいっぱいだったからちょっと納得しきれなかったけど、今に考えてみたらあの場に行かせたくなかった理由があったから局長は行かせなかったんだと思う」

 「行かせなかった理由?」

 涼子は志村の考えに気づいたらしく炎美はそれが気になり問いかけてきた。それに対し涼子は少し悲しそうな表情を見せながらも口を開いた。

 「遠征組が到着した時には犯人達は姿を消して三陽は死体があちこちに転がっててまるで世界の終末を絵に描いたような光景だったそうなの」

 「!?」

 涼子の話を聞いて炎美はその光景を想像してしまった。建物は崩壊し道には死体があちこちに転がっていた。涼子の言う通りまるで世界の終わりを絵に描いたような光景だった。

 「じゃあ志村さんはそれが見えてたから行かせなかったと?」

 「…多分そうだと思う」

 涼子と柑菜はまだ新人の頃だった。多少の修羅場には出くわしたものの大量の死体を見た経験は無い。

 志村は三陽の悲劇の光景を予期して2人には見せたくなかった為に行かせなかったのかもしれない。

 「一応犯人達の顔は防犯カメラとかで確認されてたみたいだからすぐに判明したけど、それでも見つけることが出来なかったみたい」

 セブン・オーダーと語る連中はあちこちの防犯カメラやテレビカメラなどで映されていた為、全員の顔は露見していた。

 しかし忽然と姿を消しその後も各地に指名手配するが手がかりが1つも出てこず現在に至っていた。

 「局長の考えだと強力な転移能力が使える能力者がいたのかもしれないって言ってたわ」

 「転移の能力か…」

 炎美は志村の考えに思わず頷いた。転移の能力者がいれば遠くまで移動することが可能になる。国外へ逃げられた可能性も否めない。

 「それよりも炎美君。着いたよ」

 「えっ?あっ…」

 セブン・オーダーの話をしているうちに2人はいつのまにか西城城の入り口門の前に到着していた。全長10メートルほどの鉄門を2人は見上げながら立ち止まった。

 「とりあえず今は私達のやるべき事に集中しよう」

 「おう!?」

 涼子の声かけに炎美は気合いを入れるように返事を返し2人は西城城に足を踏み入れて行くのだった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く