BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode6 #2「西城城制圧戦・前編」

 ---西城さいじょう 億広おくひろ。歳は今年で60を迎える。還暦を迎える彼は資産家でありこの城の持ち主である。

 日頃良いものを食べ過ぎているせいで医者に注意される程肥満体になってきている。

 元々西城はごく普通の家柄でありちょっと裕福なぐらいの家庭だった。

 そんなどこにでもいるような彼の夢は、城に住む事だった。キッカケは家族旅行で行ったギリシャのお城だった。

 色んなお城を見て感銘を受けた当時10歳の彼はその日から『お城を建てる』という夢を実現させるべくその時から貯金をし始めた。

 誘惑に負けずコツコツと貯め高校に入ってからは恋愛や部活に勤しむ事無くひたすらバイト三昧。高校卒業後はすぐに就職しお金を稼ぐ事だけに執着していた。その頃には株にまで手を出していた。20歳になる頃には100億は荒稼ぎしていた。

 そして10年以上かけ生まれ故郷である六英に念願の城を築いた。全長200メートル、100以上ある部屋、おおきな大浴場、キングサイズのベット、数人の使用人と警護を雇い自分の理想的な城を完成させたのだ。

 しかし自分の城が気に入り過ぎてその日以来、城から出て来ようとはしなくなった。

 自室にこもり好きなものを食べ好きな時間に寝てただくつろぐだけの1日がザラにあった。そんな生活を西城は現在進行形で続けているのだった。

 ---「みんな、見つけたよ」

 渚は目隠しをしたまま白凪達にそう告げた。

 「警備は7人。その場から動いて居ない人を含めると城に居るのは9人だね」

 続けて人数を確認する渚。警備以外の残り2人は部屋らしき場所から動こうとしていない。その内1人はベットで横になっているようだった。もう1人は横になっている人の側で椅子に腰掛けているようだ。

 「おそらく城主とその専属の医者だね」

 渚はその様子を見てそう推察した。いや、推察というよりほぼ確信を持ったような言い方だった。

 「?本当にそれだけか?使用人とか居るんじゃねーのか?」

 しかし重堂は気がかりに感じたのか渚に問い詰めてきた。確かに全長200メートルもある城にしては人が少な過ぎた。

 「使用人は別の場所に居るんだろう。ここに来る時、離れに家が見えた」

 「うん。ここからちょっと離れた場所に数人の足音が聞こえる。そこが使用人部屋だと思う」

 するとフォローするように白凪が口を開いた。それに続けて説明を入れながら指を指す渚。重堂は指された方向を凝視するとそこには2人の言う通り城から少し離れた場所に一軒家が建っていた。

 「…あんなとこ、よく見えたなお前ら」

 木々で隠れてしまっているせいか重堂には微かに屋根らしきものが見える程度。

 「ふむ。重堂、お主少し視力が弱くなったのではないか?」

 「ば、バカ言うんじゃねー!俺は視力バリバリの2.0だっての!おめーらの視力が異常なんだってーの!!」

 透斎も指された方向を見ながら重堂を小馬鹿にするような発言をしてきた。本人は小馬鹿にするつもりも悪意で言っているようではないが重堂にはそう聞こえていた。

 「つーか、だったらあそこもやっといた方がいいんじゃねーか?通報されたらマズイだろ?」

 「イヤ、問題はない。僕達の目標はあの城と城主である西城を殺すこと。それにあの大きさなら多少騒いでも大丈夫だろう」

 「ふーん、そんなもんかねー?」

 あんまりピンときていないのか白凪の説得に適当に返事を返す重堂。

 「とりあえず長話は後にしよう。皆んな、準備はいいか?」

 適当に返事を返されるも動じることない白凪が3人に確認を取り始めた。それに対し3人共小さく頷いた。

 「重堂!」

 「おう!」

 白凪が重堂に声をかけると重堂は3人の背中や肩を優しく触れるように触り出した。3人を触り終えると今度は自分の胸に手を当てた。

 「重力変化グラビティチェンジ軽量化ウエイトセービング!」

 重堂の能力『重力変化グラビティチェンジ』は、自分の触れた物の重力を一定時間、変化させることが出来る。そして変化させる物は別々にでも全体でも調整する事が可能である。

 重堂の重力変化で白凪達の身体は軽量化されトランポリンのように高く飛ぶ事が可能になった。

 軽量化した白凪達は城の屋根目掛けて飛んで行った。多少風の影響を受け易くなるが白凪達は慣れているのか誰1人と落ちる事無く軽やかに屋根に飛び移った。

 「渚」

 「うん」

 屋根に飛び移れた白凪達だがすぐに渚に指示を出す白凪。渚は目隠しをしたまま屋根に飛び移っておりすぐに城内の様子を確認する。

 「城内は3回建っぽいね。3階には警備が1人巡回してる。ターゲットは1階にいるね」

 「そうか」

 渚が城内の状況を説明すると白凪は短く返事をする。

 「ターゲットは1階、城内には9人。全て殺して構わない。目標は城の制圧及び城主・西城の抹殺。さて、作戦開始ミッション・スタートだ!」

 そして白凪の合図と共に4人は3階の窓から城内に侵入して行った。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く