BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode6 #1「針鼠、現る!」

 ---街を灯す明かりが殆ど消えた丑三つ刻、白凪は4人の仲間を連れとある山奥にあるお城らしき場所の付近に来ていた。

 その場所だけ別の世界に来たような異様なまでに場違いした白塗りのお城。

 「あんなの童話でしか見た事ねーよ!」

 白凪の仲間の1人がお城を見ながらそう呟く。

 名は重堂じゅうどう 力也りきや歳は24、筋骨隆々で背丈も2メーターは超える見た目に関しては全てが大きい男だ。

 「しかもここから街が一望できるとかマジで贅沢じゃん!?」

 「力也、声が大きい」

 「はは、わりーわりー」

 重堂はお城から街並の方に視線を移した。白凪達はお城より高い位置にいる為、六英の街並を一望できた。チラホラと見える明かりが少し寂しさを感じるさせるが。

 それでも一望できる街を見て重堂は感銘を受けていた。しかし声が大き過ぎて白凪に注意を促されテンションが若干下がった。

 「案ずるな重堂、城が手中に入ればこの景色は我等のものになるぞ」

 テンションの下がっている重堂を見かねてか白凪の他の仲間の1人がフォローに入ってきた。

 名は透斎とうさい 佐助さすけ。歳は重堂と同じ24、透き通るような白い肌、膝下まで伸びた長髪のポニーテールと上白下紫色の袴姿が彼の特徴であった。背丈は190程で少し細めの体格、腰には刀を差していて侍のような風貌をしていた。

 「…そうだな、そうなりゃあ俄然とヤル気が出てきたぜ!」

 透斎のフォローが思いの外効いたらしく重堂のヤル気がさっきよりもみなぎってきていた。

 「あのー、もう始めたいからちょっと静かにしてて欲しいんですけど…」

 重堂のヤル気が入った最中、またも注意を促された。今度は少女の方からだ。

 名は音宮おとみや なぎさ。歳は18、この中では最年少だ。背は150ないくらいで小柄で華奢な身体をしている。黒髪のショートカットでボーイッシュな服装と無垢の少年のような顔立ちのせいかよく男の子に間違えられる時がある。

 「ん?ああすまぬ渚。其方そなたの邪魔をするつもりはなかったが礼を詫びよう」

 「おお、わりーな渚」

 渚に注意され透斎は頭を下げ謝罪する一方、重堂は軽く詫びの言葉を入れるだけだった。

 「渚、もう行けるか?」

 2人が謝罪した後、白凪が渚に何かの確認をしてきた。

 「あっ、うん。ちょっと待ってて」

 そう言うと渚は自分のズボンのポケットから目隠しを取り出した。目隠しを取り出すとすぐに自分の目を覆うように装着した。

 「じゃあみんな、なるべく音を立てないようによろしく!」

 その渚の一言で誰も言葉を発さず、周りは静寂な空気が流れた。

 「………」

 渚の能力、『反響映像エコー・ヴィジョン』は、五感のうちの聴覚を集中させることで反響する音が心拍数を示す赤い線のようなものが人や物の姿に変化しそれが渚の頭の中に映像化して映るのだ。

 渚は耳を研ぎ澄ませ音を聞き分けている。研ぎ澄まされた渚の聴覚はお城の中にいる人の歩く音、微かに吹く風の音、近くにいる白凪達の呼吸音まで聞こえてくる。

 (お城の中には5人、6人…巡回している警備は7人か)

 渚は元から耳が良くエコー・ヴィジョンにより更に強化され一つ一つの足音を見分けれる程にまでなった。それだけでなくその足音の主の体格まで大体把握出来る。

 (警備は全員男。160が1人、体格は普通。170が2人、内1人は平均より一回り大きい。180が1人、体格は普通。190が2人、2人共がたいの良い体格か。後は220が1人、少し細めに感じるけど、他の人達よりしっかり鍛えられてるね)

 そんな渚は警備の背丈などを識別を一人一人の位置を確認していた。

 (220の男はあまりその場から動いていない。って言うことはあそこが…)

 他の警備員達が2人1組になって巡回している中、1番の長身男はその場に留まっていた。

 そんな男を見て渚は確信を持っていた。今回の目標ターゲットがそこに居るんだという事を。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く