BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #41「多原と屍鬼」

 「これ…アンタがやったのか?」

 鬼吾郎が多原に放った一言には喪失と憤怒の感情が含まれていた。

 「さてどうでしょうかね?ご想像にお任せしますよ」

 「テメエ!!」

 だが多原は表情を変えず鬼吾郎の問いに煽るような返しをしてきた。そして案の定、多原の煽りに堪らず激怒した。

 「…うう…」

 「!?この声…」

 そんな中にどこからか聞き覚えのある男の声が聞こえてきた。鬼吾郎は周りを見渡し声のする方を探した。すると崩壊した家の瓦礫の下から聞こえてきた。

 「ッ!?父ちゃん!?」

 瓦礫の下から聞こえる声は紛れもなく鬼太郎の声だった。鬼吾郎は真っ先に鬼太郎の元へ駆け寄って行った。

 「フンッ!!」

 「グアアー!」

 しかし鬼吾郎の背後から何者かが現れそのまま鬼吾郎の後頭部を掴み瓦礫混じりの地面に押さえつけてきた。

 「…吾郎…」

 鬼太郎は掠れた声で鬼吾郎の名を呼んだが鬼吾郎にはその声は届いてはいなかった。

 「血気盛んですね~。まあ私は嫌いじゃないですよ。むしろそういう人を私は求めてるんですよね」

 「クッソ!離せ!」

 多原が話している最中、鬼吾郎は必死に抵抗する。が、男の力は想像以上に強く身動きが取れなかった。

 (何なんだコイツ!半分とはいえ俺には鬼の血を受け継いてんんだぞ!普通の人間に力負けなんかしねーぞ!)

 鬼吾郎は屈辱を感じていた。喧嘩では負けなしの鬼吾郎だが今は形無しである。だがそれよりも大事な家族が倒れていて何も出来ない自分自身に苛立ちを感じていた。

 「そう悔しがる事は無いよ。彼は純血な鬼ですからね。それに彼は鬼の一族でもトップクラスのパワーを持ち合わせていますから君が力負けするのも無理はないですよ」

 「鬼…だと…?」

 鬼吾郎は多原の発言を半ば信じられなかった。『同じ鬼同士なのに何故こんなに酷い事をするのか?』彼にはそれが理解出来なかったからである。

 「何故…だ…!?何故お前…が…」

 「父ちゃん!?」

 すると掠れた声で喋り始める鬼太郎。その口ぶりから鬼太郎とは面識のある人物なのだと鬼吾郎は気づかされた。鬼吾郎は思わず視線だけを上に向けると自分を押さえつけている人物の顔をようやく見る事が出来た。

 (…何だ、コイツは!?)

 鬼吾郎はそいつの顔を見ると背筋に寒気が走った。悪人ヅラを彷彿とさせる程の三白眼。その目には殺意に満ち溢れていた。あまりの殺意で鬼吾郎はこれ以上男の顔を見ることが出来なかった。

 「何故…お前が…こんなところに…いるんだ、屍鬼!」

 鬼太郎の声は静かながらもしっかりと鬼吾郎達の耳に入ってきた。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く