BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #38「新しい家族」

 「ほ、本当ですか!?」

 鬼太郎は高揚し過ぎるあまり前のめりの姿勢になった。最初の頃は職員達から怪訝そうな顔で見られ断られてしまった。鬼太郎はその時受けたショックを今でも忘れていない。

 「まあ後は弘彦君本人が了承するかどうかによりますけどね」

 園道は高揚状態の鬼太郎を抑えるように一言付け加えた。

 「そ、そうですね。すいません」

 ふと我に返った鬼太郎は慌てて園道に小さく頭を何度か下げた。

 ---「良かったですね鬼太郎さん」

 「ハイ!本当にありがとうございました!」

 事は思いの外早く進み弘彦は笑顔ですんなりと了承した。

 そしてとうとう弘彦と共に花の園を去る時がきた。

 「長いようであっという間の間でしたがお疲れ様でした」

 「お世話になりました!」

 園道の一言は鬼太郎の心に深く刺さった。確かに3年という月日は長いようで気がつけばあっという間に過ぎていた。

 人間社会の事等何も知らずに足を踏み入れ分からない事だらけで四苦八苦した。

 その上安生夫婦が突然死に息子の弘彦を捜す事になり見つかったかと思えば引き取る事叶わず3年という時間を費やした。

 その期間は鬼太郎にとってとても辛かった。ただ唯一の救いは弘彦が自分を受け入れてくれた事だった。辛くなった時に弘彦の笑顔を見ると辛い事等何度も吹き飛ばせた。

 鬼太郎にとって弘彦は心の支えになっていたのだ。

 「私が守らなきゃと思っていたがまさか守られる形になるとはな」

 「??」

 「あ、いや何でもないよ」

 鬼太郎が1人ぼやいていると弘彦は首を傾げながら不思議そうな表情を見せながら鬼太郎の顔を見つめていた。鬼太郎は聞かれたのかと思い慌てて誤魔化した。

 「では鬼太郎さん。弘彦君をよろしくお願いします」

 「はい!本当にお世話になりました!」

 「弘彦君。元気でね」

 「うん!ばいばーい!」

 最後の挨拶を終えると鬼太郎は弘彦の手を握り職員が用意してくれた送迎車へと向かって行った。向かっている間、弘彦は施設の皆にずっと手を振っていた。

 鬼太郎もつられて後ろをふと見ると園道を先頭に皆ずっと手を振り返していた。

 (園道さん。本当にありがとうございました!)

 鬼太郎は心の中で感謝すると弘彦と一緒に後部座席に乗って行った。職員の1人は既に運転席に乗っていた。

 「それじゃあいきますよ」

 「はい。お願いします」

 ---3年という長いようで短いような年月を経て弘彦は鬼平一家の新しい家族となった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く