BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #33「多原の思惑」

 「おっと」

 鬼余彦の渾身の一撃はひらりと回避された。だが鬼余彦の勢いは止まらずラッシュをしかけた。

 「何か誤解を招くような言い方をしてしまいましたか。なら少し弁解の余地が欲しいのですが」

 多原は鬼余彦の怒涛のラッシュもあっさりと避けながら弁解の余地を求めた。当然、鬼余彦には聞こえてはいなかった。

 (当たらねー!何モンだこの人間!?)

 ラッシュをも物ともせず落ち着いた口調で喋る多原。鬼余彦にとってここまで相手に舐められるような屈辱的態度を取られたのは初めての経験だった。

 「シネ!シネ!!シネー!!!」

 その上今まで侮っていた人間に舐められている事が何よりも許せなかった。罵倒しながら攻撃を止めない鬼余彦は自らを奮い立たせていた。その原動力は自分自身のプライドにあった。『人間如きに劣っている訳が無い!』と心の中に言い聞かせ続けた。

 『人間なんぞ鬼より劣っている種族とは関わる価値も無い!イイか鬼余彦!人間なんぞと馴れ初めなぞするな!』

 鬼余彦は小さい頃から鬼成に口すっぱく聞かされていた言葉だ。その時から鬼余彦は『人間は鬼より劣っている種族』だと頭の中に深く刻まれていた。

 「オラア!オラア!!オラア!!!」

 気づくと鬼余彦の攻撃スピードは最初のラッシュの時よりかなり遅くなっていた。拳には力が入らずフラフラと山なりのスローボール並の速度で殴りかかっていく。無論多原には届いてはいなかった。

 「ハア…ハア…ハア…」

 とうとう力尽きた鬼余彦は息切れを起こし膝に手をついていた。全身から汗が吹き出て更に体力が奪われていた。

 「…鬼余彦」

 屍鬼はただただその様子を見ることしか出来なかった。割って入っても邪魔になるだけだと思ったからだ。

 「ようやくお話出来そうですね」

 すると多原はやれやれと言わんばかりの表情で話を再開した。そんな彼は一つも汗をかいてはいなかった。

 「先程『付いて来て貰う』と言ってしまいましたが本当は『協力して貰う為に来て欲しい』と言いたかっただけなんです!」

 多原の発言に屍鬼は違和感を感じていた。まるでさっきの発言は鬼余彦を煽る為の演出だと言わんばかりの言い直しようだった。

 「協力ってわざわざ俺達にかー?第一俺達が協力してくれるとでも思ってたのか?」

 違和感を覚えながらも屍鬼は多原に疑問を投げかけた。何故鬼である彼等に協力を求めるのか?それに協力してくれると本気で思っていたのだろうか?しかし屍鬼の軽卒な発言は彼等の考えを変える一手になってしまうのである。

 「ええ。あなた達なら協力してくれますよ。…今にきっとね」

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く