BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #24「鬼の一族」

 「おに?」

 鬼太郎の発言を聞いて鬼吾郎は呆然としていた。そんな鬼吾郎の頭の中では金棒を持った赤い鬼が出てきていた。鬼吾郎の中で鬼といえば『桃太郎』に出てくる赤鬼が印象強かったからだ。

 「じゃあお父ちゃんはかなぼーふりまわして悪いことしたりするの?」

 桃太郎の鬼をイメージしている鬼吾郎は不安そうに鬼太郎の顔を見つめながら問いかけてきた。

 「違うよ吾郎。まあ皆良い鬼とは言いきれないけど、私やお母ちゃん、おばあちゃんは決して悪いことをしたりしないよ」

 不安の表情を見せる鬼吾郎の頭を優しく撫で誤解を解く鬼太郎。すると鬼吾郎の表情は不安から安堵に変わっているのが見えた。まるで子猫のように愛くるしい表情を見せる鬼吾郎を微笑みながら頭を撫で続けた。

 「じゃあ、お父ちゃんもお母ちゃんもおばあちゃんも優しい青おにさんだ!」

 鬼太郎は一瞬、鬼吾郎の言っている意味が理解出来なかったが童話の『泣いた赤鬼』に出てくる青鬼の事だと数秒考えて気がついた。

 「ああそうだね。私達は優しい青鬼さんって事になるね」

 理解した鬼太郎は鬼吾郎の考えを肯定した。鬼吾郎に分かりやすく説明するという意味もあったがこの童話の内容と鬼吾郎の疑問を解決するにはちょうど良かったからである。

 「吾郎。何で赤鬼さんは泣いてたんだっけ?」

 鬼吾郎に分かりやすく説明する為、鬼太郎は泣いた赤鬼の内容を鬼吾郎に思い出させてみる。

 「ん~っとね、赤おにさんは人間とお友達になりたかったけど、きらわれちゃうからそれで泣いてた」

 鬼吾郎は自分の思い出させる範囲内で内容を確認した。

 「うんそうだね。つまりはそういうことなんだよ」

 「??」

 鬼吾郎には鬼太郎の言っている意味が理解出来ていなかった。というより自分の疑問すらにわかに覚えていなさそうだった。

 「私はね、自分が鬼だって事を知られるのが怖いんだ。だからここに住む事にしたんだよ」

 鬼太郎は撫でていた手を下ろし鬼吾郎を真剣な目で見ていた。鬼吾郎はようやく言っている事の意味を理解した。

 「じゃあおいらも良いおにさんなの?」

 「!?」

 すると予想外の問いに鬼太郎は一瞬、頭の中が硬直状態になっていた。

 鬼吾郎は鬼太郎が自分の実の親ではない事は既に知っている。だが今の自分の発言で自分も鬼の血が流れているのではないかと疑問に思い始めてきたのだ。

 鬼太郎はどう言うべきか悩んでいた。暫く思考してゆっくりと口を開いた。

 「吾郎、お前は…」

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く