BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #18「鬼人・悪鬼」

 「うおおおおーーーーー!」

 鬼平が気迫の入った叫び声をあげると殺気とは違う何かが炎美の体に武者震いを起こさせた。そのうえ重力が反転したかのように体が重くなった。

 「ッ!?」

 炎美は自分自身がどれたけ思い上がっていたのかを実感させられ後悔した。雰囲気だけで伝わる実力の差。果たして勝てるのか?とも思い始めてしまう炎美。

 「さあ、第2ラウンド始めようぜー!!」

 そして後悔している最中、鬼平の戦闘準備は整っていた。

 「!?」

 炎美が見たものは鬼平の額から出ている太くて大きい二本の角がそれぞれ左右に一本ずつ生えていた。

 (これが…鬼…)

 まさしく炎美の想像していた鬼の姿が今、自分の目の前に立っていた。

 「鬼人きじん悪鬼あっき!これが俺の能力だ!!」

 鬼平の笑みは悪いことを考えているかのようだった。炎美はその笑顔を見て冷や汗が出た。背中に寒気も走った。『恐怖』。それ以外の言葉が見つからなかった。

 「ほお。それがアンタの能力か?イカしてんじゃねーか!」

 鬼平の一言一言に緊迫感が迫っていた。

 「何ボケっとしてんだ!?もう第2ラウンドは始まってるだろ!?」

 「ッ!?」

 体が硬直状態の炎美に容赦無く襲いかかる鬼平。鬼平は一気に炎美のところに近づくと炎美の顔めがけて膝蹴りを喰らわした。

 硬直したままの炎美は避けることも出来ず思いっきり鬼平の膝蹴りを顔面で喰らった。

 「ぐほっ!」

 膝蹴りを喰らった炎美は軽く脳震盪を起こし膝から崩れ落ちていった。

 「まだ終わらせねーよ!!」

 炎美が崩れ落ちる最中、鬼平が追撃の拳を炎美のみぞおちに入れた。

 「ヴッ!!」

 炎美は口から吐血すると軽く100メートル以上も飛ばされた。

 「オエッ!ゲホッ、ゲホッ!!」

 飛ばされた炎美は蹲り嘔吐するかのように血を吐き出し腹を抱えた。

 「どうしたよー!まだ第2ラウンドは始まったばっかだろ!?」

 鬼平の力はさっきよりも強くなっている気がした。

 「俺の能力、鬼人・悪鬼は見た目は鬼っぽくなってちょっと派手にはなるが力が10倍になるだけの単純な能力なんだよ!」

 「力が…10倍!?」

 (能力無しでも桁違いの馬鹿力なのにそれ以上に上がるってのかよ!?)

 炎美はその事実に愕然とした。おそらく鬼平はまだ3割ぐらいしか力を出していない。本気を出せば多分、一撃で死に直結する。炎美はまさに絶対絶命の危機に瀕していたのだった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く