BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #7「多原 英一郎」

 「いやー、今回は遠いところからご足労願いまして感謝の言葉もありません!」

 多原は自分の愛車である黒のレクサスを運転しながら後部座席に座っている炎美を視線半分に映しながら何度も頭を下げた。

 「え、いや、いいえ。仕事ですから…」

 炎美は少し困った顔をしながらも言葉を探しながら返事を返した。

 多原 英一郎。年齢は50。中肉中背で背は170くらいで顔が少し童顔っぽいところ以外は特に特長を持ち合わせていなかった。

 しかし多原は腰の低い態度で常に笑顔を見せており全く腹の底が見えない。そんな怪しげな雰囲気を多原から感じとる炎美。

 (いや、流石に考え過ぎか?)

 しかし炎美は自分が考え過ぎていると多原に対する疑いを一瞬で振り払った。

 彼は地方議員。仕事上、外面を良くしなければいけない為、色々ブチまけたい気持ちを抑え込んでしまっているのだろう、そう炎美は勝手に解釈をした。

 確かに地方とはいえ彼は議員でいずれは選挙などにも出て出世を目指しているかもしれない。だから今のうちは悪い噂がたたないようにしなければいけないハズ。

 「さて、もうそろそろで到着しますよ!」

 炎美があれこれ考えていると多原に声をかけられふと我に返った。我に返った炎美は視線を運転している多原よりも先の景色の方に向いていた。

 緑いっぱいの山々に時折見せる青い海。最初の数分はその景色に感動させられていたものの流石に10分以上変わり映えしない景色を見せられても最初の時よりは大分、感動もかなり薄くなっていた。

 しかしよく見ると歩道に大きな看板のようなものが見えてきた。車から300m程離れているにも関わらず異様に目立っていた。

 「はは、目立つ看板ですよね~!一体アレだけにいくら賭けてることやら…」

 多原は冗談混じりに喋り始めた。炎美はそれに何と言ったらいいか分からずとりあえず苦笑いで誤魔化した。だが言われてみると気になり始める炎美。

 まっ白い長方形の看板に長方形の隅々に細かくデザインが施されており看板の中心には『HOTEL KAGURA』と赤い文字で描かれていた。

 そこは今回、遠征で滞在する炎美が泊まる宿屋になっていた。場所的には目標地とは正反対な所にあるが八天翔には泊まる場所がそこしかなかったのだ。

 「ホラ、見えてきましたよ!」

 看板を通り過ぎると多原はそう言って正面のフロントガラスを指差した。炎美は多原が指差している方向を見た。

 するとその先には大きな旅館らしき建物が見えてきた。

 「ホテルっていうより旅館みたいですね」

 炎美は驚きのあまり思っていた事が口に出した。

 「ええ。まあ田舎モンですからら名前だけでもカッコつけたいんですよ!」

 (そんなもんなのか?)

 多原は笑顔で炎美の質問を返し炎美は理解までは出来ずとも心の中てなんとなく納得した。そして車内での最後の会話が終わり炎美は『HOTEL KAGURA』に足を踏み入れたのだった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く