BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode5 #3「八天翔の鬼」

 ---そして現在に至る。炎美はスマホの地図アプリで目的地を再確認する。

 場所は六英から1つ町をまたいだ先にある八天翔はってんしょうという場所だった。

 八天翔は大都市六英とは違いかなり田舎な地方でその7割は山で占めている。駅も1つだけで1日に電車は朝昼晩にそれぞれ1本ずつしか通らない。

 そんな田舎な場所に最近、変な噂が流れてきたらしい。

 『八天翔の山には鬼がいる!』

 最初は『鬼のように強い奴がいる』という意味に捉えられていたがどうやらそういう訳ではないらしい。

 強いということに関しては間違ってはいないらしいが実際の話だと最初は数人の不良が病院送りになったのがキッカケだった。

 1ヶ月程前、その不良グループはいつも溜まり場にしてある山の麓にある半壊したコンクリート状の建物でいつものように集まっていたところ、いつもの溜まり場に見慣れない男が居座っていた。

 追い返そうとした不良達はその男にやられ全員病院送りされた。そして不良達は揃って『鬼』という言葉をうなされるかのように何度も言っていたらしい。

 そこから面白半分で行った数十人規模の不良グループも全員病院送りにされるか死人もでたという。

 更に地元の警官も様子を伺いに行ってその日のうちに病院に担ぎ込まれた。その警官達は拳銃を装備しており発砲した痕跡が残されていたそうだ。

 銃を所持し発砲もしたにも関わらず返り討ちにされたことから噂を信じてしまうものが増え始めてきた。

 そこでスフィアに調査依頼の任が下ったのだ。『本当に鬼がいるのかどうか調べてくれ!』それが任務の内容だった。依頼人は八天翔の地方議員、多原という男だった。多原はこの問題をいち早く解決したいという気持ちでスフィアに依頼を頼んだらしい。

 炎美は電車に乗り1時間の旅路を過ごしている途中だった。腹の虫が1回だけ大きな音を立てた。

 (そういえばもう昼だったけ?そろそろメシでも食うか)

 時間は12時を回る頃だった。炎美は鞄から黒い風呂敷に包まれた正方形のものを取り出した。

 取り出した炎美はすぐに風呂敷を広げた。中にはタッパーが2段になって積み重なっていた。タッパーの中身は1段目に拳サイズのおにぎりが2個、無理矢理詰めたかのように入っていた。2段目を見るとひと口サイズの肉団子が5、6個入っていてその隣には肉団子のタレがついた玉子焼きが4切れ程入っていた。

 その他にもあらびきウインナーやポテトサラダ、食後用にフルーツゼリーが入っていた。

 「おっ、うまそー」

 炎美はヨダレが垂れる前に口元を袖で拭いた。

 「そんじゃ、いただきます!」

 食事前の合掌を終えると炎美はすぐに左手でおにぎりを掴み右手に箸を持ち肉団子を掴み出した。そして肉団子→おにぎりの順に口に放り込んだ。

 「…んめえ~」

 しっかりと噛みながら味わう炎美の頰が緩みかけた。肉団子の甘いタレと塩味の効いた米粒が口いっぱいに広がり炎美は暫くその味を堪能していた。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く