BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode4 #14「鎮まる不安の館」

 「ふう、ようやくココまで来れた!」

 志村はバスに乗り六英山の付近まで来ていた。六英山は元々2つのルートがあった。その1つが館を通るルートだった。しかし大分前に廃墟と化した館を気味悪がる人が続出し現在使われているルートは1つだけとなっていた。

 「確か…ここだよな?」

 しかし志村は真っ先に館へ続くルートを探し当てた。道はコンクリート状で出来ているが暫く使われていない為、殆ど草で覆われ獣道と化していた。

 「もうすぐで師匠に会えるんだ!怖がる必要なんかねー」

 そう言い聞かせ志村は館に向かう獣道をドンドン進んで行った。

 (早く師匠に教えたい!俺、強くなったんだって!)

 ここまでして松岡に会いたい理由、それは、生まれて初めてケンカに勝った!ただそれだけだった。しかし志村にとってそれは今までの中でこれほどまでに嬉しいことはなかった。

 女っぽいだのオカマだの言ってくる連中にただ泣くことしか出来なかったが、そんな連中を初めてギャフンといわせたのだ!

 (師匠、褒めてくれるかな?)

 そう考えていると志村はニヤニヤが止まらなかった。

 ---獣道を進んで10分程経つと草で覆われていた道がひらけてきていた。

 「アレか!?」

 すると拓けた道の奥に大きな一軒家が見えた。まさしくそこは松岡が向かっていた館だった。

 「つーか、なんだよこれ?」

 館の方に歩いて行くとそこには地割れした跡や館を壊された跡のようなものがいくらか志村には見えていた。

 (コレが戦った跡なのか?でもそんな奴相手でも師匠が負ける訳ない!師匠は最強なんだ!!)

 そう言い聞かせて志村は館へと足を踏み入れた。

 「し、師匠ー!」

 戦ったとは思えない程静まり返る広い館の中に志村の声が響いていた。

 「来るな!!」

 「え!?」

 志村の声に突然、大きな声が奥の方から聞こえてきた。しかも志村には聞き覚えのある声だった。

 「師匠!!」

 その声は間違い泣く松岡の声だった。 だがさっきの言い方はかなり焦ったような声だった。

 『…ふはははっ!…貴様の…倅が…自ら出て出て来ると…ハナ!ココデ…コロス!!』

 エニグマは既に死にかけていたが最後の力を振り絞り天変磨征を志村に向かって投げてきた。

 「えっ?」

 志村は何かが飛んできたとしか認識していなかった。だがその場から動くことが出来なかった。志村の脳裏には死というものがよぎっていた。

 グシャッ

 館にはすざまじい大量の血しぶきが飛び散ったのだった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く