BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode4 #9「聖槍・群愚尼流」

 炎美が黒龍刃を振ろうとした時だった。

 「聖槍せいそう群愚尼流ぐんぐにる!」

 「!!」

 フィリナがそう言うとフィリナの身体の中心部から何かが飛び出してきた!

 「ぐっ!」

 炎美は回避しようとしたが時すでに遅く右肩の方を貫かれてしまった。

 「ぐわっ!」

 貫かれた衝撃で後ろに飛んでいく炎美。10m程後ろに飛ばされ地面に激突した。右肩を貫かれた痛みと地面に激突した背中の痛みでうずくまる炎美。

 (クソッ!右肩に力が入らない。剣も動かせそうにない)

 右肩を押さえ立ち上がろうと試みる炎美だったが、中々力が入らずただ地面に突っ伏すしか出来なかった。

 「全く、この能力だけは使いたくなかったのだけれど、背に腹は変えられないわ」

 痛みを抑えながらフィリナの方を向く炎美。するとフィリナの右手には5mぐらいある槍を手にしていた。

 「や、槍?」

 (どういう事だ!?一体何処に隠し持ってたんだ!?)

 今の炎美の頭の中は疑問だらけになっていた。

 「見ての通りコレが私のもう1つの能力、聖槍・群愚尼流よ」

 「も…う…1つの…能…力…?」

 更に驚くべき事実を知る炎美。能力というのは1人1つだと思っていた。その根底が今崩されつつあった。

 「この力を見せるのはアイツ以来かしら?他の連中には見せたことはなかったわね。なら光栄に思うことね」

 (アイツ?ひょっとして志村さんのことか?)

 炎美の頭にはすぐ志村が浮かび上がった。どうやらフィリナは2つ目の能力は仲間にもあまり見せていないようだ。

 「さて、もう終わりでいいのかしら?」

 フィリナは地面に突っ伏す炎美を見て問いかけてくる。

 「ま…まだ…だ!」

 炎美は力を振り絞りなんとか立ち上がることが出来た。だが右肩を負傷して剣をまともに振れる状況ではなかった。

 「やる気は認めてもいいけど、本当にまだ戦えるのかしら?」

 更に問いかけてくるフィリナ。

 「ああ、意識が無くならない限り何度でもやってやるさ!」

 そう言う炎美の目は獲物を見る獣のように鋭く目を光らせていた。その姿を見てフィリナはとある少年の面影を感じていた。

 ---「うりゃあーー!!」

 今から20年程前、緑に溢れた平地に響く少年の声。木刀を振りかぶりフィリナに向かって襲いかかってきた。

 「ふん」

 「うわあー!」

 だがフィリナにアッサリかわされ勢いあまって転げる少年。

 「動きが単調過ぎ。そんな攻撃一生かかっても当たんないわよ」

 「くうううー!」

 フィリナにそう言われ少年は涙目になりながら悔しそうな顔をした。

 「ほら、もう1回来なさい!」

 「うりゃあーー」

 さっきと同じように木刀を振りかぶり向かって行くが同じようにアッサリかわされる少年。

 「ぐへっ!」

 その勢いがつき過ぎておもいっきり滑りコケた。

 「学習能力なさ過ぎよ、アンタは」

 フィリナは溜め息混じりに少年に向かってそう言った。更にフィリナはこう続けた。

 「それで先代に顔向けできると思ってるの?---蔵之介!」

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く