BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode4 #1「傀儡少女、来たる!」

 ---某所・廃墟

 「おうおうおう!どーしてくれんだ嬢ちゃん!!」

 薄暗い廃墟で筋骨隆々の男1人と中肉中背の男4人が1人の少女を囲っていた。

 金髪碧眼でカールを巻いている。服装は黒のゴスロリドレスで背丈が130はあるかないか程小柄な体格をしている。

 そんな小柄な少女を平均175ぐらいの男達が囲っていてまるで要塞の様だった。

 「人の脚にぶつかっておいてシカトとはエライ舐められてんなー!」

 「社会のルールってもん教えてやんねーとなー!!」

 寄ってたかって平均30手前の大人達が幼き少女に恐喝してくる。しかし少女は怖がる様子を見せず口を開いた。

 「愚かね」

 「ああ?」

 男達は一瞬耳を疑った。この状況で出た言葉が『愚かね』?

 「嬢ちゃん、今何て言った?」

 1人の男が少女に聞き返してきた。

 「愚かねと言ったのよ。あなた達みたいなクズに教えて貰うルールなんて無いわよ」

 「んだとテメエ!」

 更なる暴言に男達は激怒した。

 「どうやら状況呑み込めてねーよだな、嬢ちゃん!」

 「何を言ってるのかしら?私は状況を把握した上での発言よ。そっちこそ理解が乏しいんじゃないの?」

 「このガキーー!!」

 明らかに挑発してくる少女に男達の怒りは頂点に達していた。

 「本当は脅すだけで済まそうとしたがヤメだ、このガキ…ぶっ殺す!」

 筋肉男は少女に向かって拳を振りかぶった。

 「オラーー!!」

 そして男は少女に殴りかかってきた。しかし男達の目の前にいた少女は突然、姿が消え男の殴りかかった拳は空を切った。

 「何?」

 男達は突然の事に驚き出した。目の前に居た少女の姿が忽然と消えれば当然のリアクションである。

 「そんなノロマな拳が当たると思ってるのかしら?」

 すると筋肉男の背後から少女の声が聞こえた。

 「テメエ、いつの間に…」

 「野蛮な輩とはコレ以上付き合ってられないわ」

 そう言う少女の手には赤い液体の入った小瓶を持っていた。

 「クソがーーー!!!」

 振り返った男は続け様に殴り掛かろうとした。

 「今回だけ特別に私が社会のルールを教えてあげるわ」

 少女は小瓶の中の液体を口に含んだ。

 「奮い立て、我が血闘よ!」

 そう言うと少女の背後から黒い大きな影の様なものが動き出した。

 「喰らい尽くせ、傀儡くぐつ判怒羅ぱんどら!」

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く