BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode3 the after「柑菜とデート!?」

 強化月間が終わって1週間後、炎美はようやく動ける様になっていた。

 医務室の人達のおかげもあってなんとか早く回復した様だ。

 炎美は退院したその日の朝、すぐに食堂に向かっていた。入院中の間は体が思う様に動かせなかった為、ずっと流動食だけの食事だった。

 (流動食、あんま美味しくなかったしな。今日は腹が膨れるまで食べてやる!)

 炎美は心の中でそう思っていた。

 今日の朝食は皿一杯に積まれたサンドウィッチにした。

 コンガリキツネ色に焼けたトーストにちょっと熱で溶け込んでいるスライスチーズ、シャキシャキしたレタス、肉厚でジューシーに焼けたベーコンが2枚、そしてトロッとした半熟スクランブルエッグ!

 それが今、炎美の目の前に山盛りに置かれている。お腹は空っぽになっているぐらい空腹だ!

 「…では、いただきます!」

 両手を合わせサンドウィッチに向かい一礼するとすぐに1つ手に取り、口の中に運んだ。

 「…んめえ~~!!」

 炎美の目には涙が溢れていた。久しぶりのマトモな食事に感動してしている。

 次々と口に運ぶ炎美の元へ柑菜と涼子が向かってきた。

 「炎美君、もう退院出来たんた!」

 「っていうかアンタ、そんな大食いキャラだったけ(汗)?」

 心配する涼子に対し炎美の食欲にツッコむ柑菜。

 「ひゅうひょうひょくはへひはふへなっははら…(流動食しか食えなかったから…)」

 「子供じゃないんだから飲み込んでから喋りなさいよ!」

 「ふふっ、炎美君って可愛い所あるんだね♡」

 落ち着きのない炎美に更にツッコむ柑菜に微笑ましく見ている涼子。

 ---その後、3人で一緒に朝食を食べていると涼子から話始めてきた。

 「そうだ、炎美君!ずっと医務室で外に全然出てなかったでしょ?」

 「そう言えば、体も全然動かしてなかったなー」

 炎美がそう答えると涼子はニコッと笑い柑菜の両肩を掴んだ。

 「じゃあ、柑菜と一緒にお出かけして来たら♪」

 「…!!!」

 涼子の一言に柑菜の顔が一気に赤くなった。

 「な、ななななな…」

 明らかにテンパる柑菜を見て涼子はニコニコしながら話を続ける。

 「私も一緒に行きたかったけど、今日見廻りだし柑菜は今日休みでしょ?ちょうどイイじゃん!」

 「何がちょうどイイのよ!」

 柑菜は焦りながらも涼子にツッコんだ。

 「俺は別にイイけど…」

 「えっ?」

 すると炎美は涼子の案に半分乗っかって来た。柑菜はそれを聞くと困った顔をした。

 「折角何だし楽しんで来なよ」

 涼子は柑菜の耳元で囁くと柑菜も観念した様に了承した。

 「仕方ないわね。退院祝いってことで付き合ってあげるわよ」

 ---朝食を終えて1時間後、炎美と柑菜は近場のショッピングモールに集合にした。

 「…ねえ、1つ聞いていい?」

 「ん?」

 来てすぐに柑菜は炎美に対して気になっていた事をぶつけた。

 「前から思ってたんだけど、アンタスーツ以外の服持って無いの?」

 柑菜は炎美がスーツ以外の服を着ているところを見たことが無ければ炎美もスーツ以外の服を着た覚えがない。

 「そう言えばスーツ以外の服持ってなかったかも」

 「はあ?」

 ちょっとキレ気味にリアクションをとる柑菜。

 「アンタもうちょっとファッションに気い使いなさいよ!」

 「そんな事言われても…」

 ファッションの事には無頓着な炎美。それに対し柑菜は白のブラウスに水色のフレアスカート、足元はヒールで決めて少し大人っぽく見えた。

 「とりあえずまず服買いに行くわよ!」

 そう言うと炎美の手を引っ張りながらモール内にある服屋へと向かって行った。

 ---それから服屋で服選びをしたりクレープ屋でクレープを食べ、ゲーセンでプリクラ撮ったりしたり2人の時間を満喫していた。

 そして気付けば周りは暗くなり始めていた。

 「ああ、私何してんのよ!コレって完全にデートじゃない!!」

 柑菜は顔を両手で隠しながら独り言を話していた。

 「?何か言った?」

 後ろから炎美が両手にソフトクリームを持って話しかけてきた。

 「う、ううん、何でもない!」

 柑菜は誤魔化すかの様に炎美が持っていたソフトクリームを1つ取った。

 「何だかんだで一日中付き合わせちゃったね」

 炎美は申し訳なさそうな顔で謝罪してきた。

 「言ったでしょ!アンタの退院祝いなんだから気にしないでよ!…それにた、楽しかったし…」

 後半、恥ずかしそうに喋る柑菜。最後のところは聞こえたかは分からなかったがホッとした顔をする炎美。

 「もう暗くなってきたし、そろそろ帰ろっか?」

 炎美は時計を確認し帰宅しようとした。

 「あっ、ちょっと待って!」

 「ん?」

 すると柑菜は炎美の腕を掴んで引き止めた。

 「最後に行きたいところがあるの!」

 ---そして柑菜に手を引かれた炎美はショッピングモールの隣にある大きな観覧車に連れて来られた。

 「最後ってココ?」

 「うん!とりあえず早く乗りましょ!」

 柑菜は急かす様に炎美の背中を押して行った。

 観覧車に乗り込みお互い向き合う形に座った。しかし暫く2人の間に沈黙の時間が流れた。柑菜は外を見ているが炎美はその場から動かずに座っていた。

 「ねえ炎美!コッチ来て!!」

 2人のゴンドラが頂上まで登ってきた時、柑菜が炎美を呼び出した。

 「ほら、外見て!」

 そう言われ言われるがままに外を見る炎美だったが…

 「…スゲエ!!」

 外を見ると雲1つない星空が上空に拡がっておりしたを見ると上空と同じ星空の様にあちこちの建物から明かりが灯っていた。

 「綺麗でしょ!『星空のミラージュ・スターリ』って言ってココまで綺麗に見れる日は珍しいそうよ!」

 「へえ~」

 綺麗な夜景に見とれながら返答する炎美。

 「正直言うと私も実際に見るの初めて何だけどね…」

 「えっ?」

 柑菜の突然の告白に驚く炎美。

 「ほら、こういうのってやっぱ、そ、その大切な日とかに行きたくって…」

 恥ずかしそうに喋る柑菜。

 「大切な日?」

 「ほ、ほらアンタの退院祝いだからそれも大切な日になったっていうか…」

 炎美が聞き返してくると慌てて応える柑菜の顔が赤くなってきた。

 「柑菜、何か顔赤くなってるけど大丈夫か?」

 すると柑菜の異変に気付いた炎美は顔を近づけてきた。

 「ふぇ?」

 ビックリして変な声が出てくる柑菜。更に耳まで赤くなってきた。

 「!!」

 そして柑菜の額に自分の額を当てる炎美。あまりの出来事に言葉が出なくなる柑菜。

 「熱がちょっとあるな。降りたら早く帰らないとな」

 ---そして観覧車から降りると柑菜をおんぶしながら帰る炎美。

 「今日一日中付き合わせてゴメンな」

 「だから気にしないでよ」

 帰宅している途中、2人は他愛もない会話をしていた。

 「でも今日は楽しかったよ!ありがとう柑菜!」

 炎美はおぶっている柑菜に視線を送り素直に感謝した。

 「私も楽しかった。ありがと」

 柑菜は視線を逸らして聞こえているかどうか分からない様な声量で感謝の言葉を述べた。

 ---本部に着くと「後は大丈夫だから」と言い柑菜は炎美の背中から降りそそくさと中に入って行った。

 「かーんなっ♪おかえりー!」

 柑菜は自室に戻ろうとした時背後から涼子が声をかけてきた。

 「りょーこー!!」

 すると柑菜は涼子に近づいていくと涼子の両頬を抓ってきた。

 「ひはいひはい!はにふるほー?(痛い痛い!何するのー?)」

 「もう2度とあんな事言わないでよね!恥ずかしかったんだから!!」

 頬を抓りながら説教をする柑菜だがそんな柑菜とは裏腹に涼子はニコニコしていた。

 「でも楽しかったでしょ?」

 涼子の一言を聞くと急にモジモジしだす柑菜。

 「ま、まあね…」

 柑菜はそう呟くと両頬を抓るのを辞め後ろを振り返り自室に戻ろうとした。

 「私疲れたから今日はもう寝るね、おやすみ!」

 「うん、おやすみ!」

 後ろを振り返らず手を振る柑菜に手を振り返した涼子。

  ---「かーんなっ!」

 涼子と別れてすぐ今度は志村から話しかけられてきた。

 「何ですか?」

 溜め息混じりに返事をする柑菜。

 「何だよそのテンションは~、今日は一杯楽しんで来たんでしょ?」

 「はい?」

 志村の発言に柑菜は首を傾げた。

 「どうだったの炎美君とのデートは?何処に行ったの?何してきたの?何処まで親密になったの?」

 志村は鼻息を荒くしメモを取り出してきた。それに対して柑菜の拳が震えていた。

 「…涼子の、…バカーー!!」

 本部内には柑菜の怒声が響き渡っていった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く