BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode3 #14「夜の集い」

 ---豪鬼の最後のトレーニングが終わったその日の夜、志村のところに豪鬼、柑菜、涼子、細谷の4人が集められた。

 「ホッントひやひやしましたよ。もう少しで殺しちゃいそうだったじゃないですかー!」

 柑菜は豪鬼に向かって説教を垂れる。

 「お前さんも人んこと言えた立場か。お前も殺す気でやってたやないのー」

 「ゔっ、それは…」

 豪鬼の発言に柑菜は何も言い返せなかった。

 「でも炎美君が一命をとりとめてよかったです」

 涼子はホッとしたかの様に言った。あの後、炎美はスグに医務室に連れていかれ緊急手術をすることになったのだ。幸い命に別状はなかったそうだが、暫くは動けそうになかった。

 「全く、豪鬼さんは人が悪すぎる。危うく折角入ってきた貴重な新人を失うとこだったよ」

 志村は皮肉っぽく言った。

 「わーっとるよ!もうあんなマネしねーよ」

 豪鬼は葉巻に火を点けながらそう返した。

 「…でも豪鬼さんが本気を出すなんて珍しいねー」

 志村はメガネを上げながら豪鬼に問いかけた。

 「ああ、そやの~。何年ぶりかの~」

 豪鬼は自分の右手を閉めたり開いたりしながら見つめていた。

 「あの時、何考えてたの?」

 志村はさらに問い詰めてみたが豪鬼は暫く黙ってから口を開いた。

 「…振り返った時、アイツの目が一瞬殺気を放っておった。本気で殺しに掛かってくる奴の眼やったわ。せやからこっちもムキになってしもうた」

 豪鬼はそう言うと吸っていた葉巻を握り潰した。

「せやけどアイツは強よーなるでー!ここの誰よりよものー」

 「それって私よりも?」

 豪鬼の発言に誰よりも先に志村が聞き返した。

 「さあのー。それは分からへん」

 「矛盾してるなー、その発言」

 曖昧な返事をされて困った顔をする志村。

 「それぐらい期待出来るっちゅう意味や!」

 そう言うと再び葉巻を取り出し火を点けた。

 「でも正直あそこまで成長したのはビックリしたよ!これはひとえに指導者の賜物のお陰かな?」

 志村は豪鬼を見てクスリと笑いながら冗談をかました。

 「いや、ワシは何もしとらんよ。アイツが諦めずコツコツ頑張ってきた証拠じゃろ」

 豪鬼は炎美を高く評価した。最初の頃は力を使うとスグに倒れていたのにたった1カ月で急成長を遂げた炎美を大層気に入ってしまった様だ。

 「それはそうとして私達を集めたのはどういう了見ですか?局長」

 すると今まで黙っていた細谷がようやく口を開いた。

 「ああゴメンよ、君達を呼んだのはその炎美君の事について分かった事があるんだ」

 そして彼等は衝撃の事実を知ることになったのだ。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く