BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode3 #5「有馬 豪鬼」

 ---「ッハア、ハア、ハア!!」

 大きく息を乱し起き上がる炎美。

 「ッハア、ハア…」

 体中から冷や汗が止まらなかった。炎美は息を整えてゆっくり自分の腹部を見る。

 しかし特に何もなかった。腹から出血した形跡が見当たら無いし背中からも痛みを感じない。

 「…また、夢だったのか?」

 自自分自身に問いかけたが特に何か思い出した訳では無かった。

 (だけど、あの光景を何処かで見た事があった様な気がしたんだが…)

 ひょっとしたら思い出せるかも知れないと思い必死に記憶を辿ろうとしたがやはり思い出せなかった。

 「やっぱ無理か。…でもなんか嫌な夢だったな」

 何だか夢なのにリアルに感じた。血を触った感触、背中から腹まで貫かれた時の痛みが実際にあった様な感覚がした。

 (でも気のせい何だよな?)

 自分にそう言い聞かせると気持ちを切り替え時間を確認する。時間は夜の7時を迎えていた。

 「もうこんな時間か!かなり寝ちゃったな~!」

 時間を確認してると志村からメッセージ通知がきた。

 「ん?何だろう?」

 内容を確認してみる。

 『お疲れ様!明日の事で話があるからオフィスまで来て欲しい! 志村より』

 思ってたより簡潔に書かれていた。取り敢えず『分かりました!』とだけ返信をし、直ぐにオフィスへと向かって行った。

 ---オフィスに向かうと志村ともう1人巨漢の男が一緒に居た。

 「やあ、炎美君!わざわざすまないねこんな時間に」

 「いえ、それより明日の事で話があるって書いてあったんですけど…」

 「ああ、まずはこの方を紹介しないとね」

 そう言うと巨漢の男が炎美の前に立った。炎美より二周り、三周りも大きな体をしていた。

 「ワシは有馬ありま 豪鬼ごうきっちゅうもんじゃ!兄ちゃんの話は色々聞かせてもろうたで!よろしゅうな!」

 「よ、よろしくお願いしま…ん?有馬?」

 (有馬って、まさか…)

 性を聞いてふと志村が言っていた事を思い出した。

 「豪鬼さんはスフィアの創設者の1人、有馬豪政の実の息子何だよ」

 「まあ親父に比べたらワシなんかまだまだ若輩者じゃけどな!ガッハハハハハ!!!」

 その体に負けない程の大きな笑い声がオフィス内に響渡った。

 「いえいえ、何を仰しゃいますか。豪鬼さんの実力は私達スフィアにとってどれだけ大きな支えになっている事やら…」

 どうやら志村は豪鬼に対しては頭が上がらないらしい。

 「さて本題に入るけど、明日から1ヶ月間、豪鬼さんにコーチをお願いしようと思っていてね」

 「コーチ?」

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く