BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode3 #1「新米隊員・黒崎炎美」

 テストに何とか合格を貰った炎美は今日から新米隊員としてスフィアに勤めることになった。

 炎美は早速オフィスへと向かって行った。

 部屋から真っ直ぐ行きエレベーターを使って5階のボタンを押した。

 (今日から俺もみんなと一緒に闘わないといけなくなったけど、俺何かが勤まるのか?)

 炎美は心の中で思っていた。まだ少ししか扱い慣れていない自分にそんなことさせてもいいのか?と。

 そんなことを考えていたらエレベーターは5階に到着しドアが開いた。

 ドアが開くとそこは大きな部屋があり机が幾つか並べられてパソコンやら雑誌やらがあちこちに置いてあった。

 そして1番奥にはデカめの机と大きなモニターが3つ程置いてあった。

 炎美は迷わず奥の机に向かって行った。

 「おはようございます!」

 そこには志村がふかふかの椅子に背もたれした状態で座っていた。

 炎美はすぐに志村に挨拶した。

 「ああ、おはよう炎美君!昨日はグッスリ眠れたかい?」

 「ええ、おかげさまで…」

 「そうか、取り敢えず今日は皆に挨拶してそれから君は記憶を失くして今のこの社会の現状を知らないだろうから色々教えておかないとね」

 たわいもない会話を済ませると志村から今日の日程を聞いてから2人でオフィスを出て行った。

 そして3階に降り広いフロアに出ると他の隊員達が集まっていた。そこには柑菜や細谷もいた。

 (他にも知らない人もいるな)

 全体を見ると数人は初見知りの人達もいた。

 そして皆の前に立った志村と炎美。

 「やあやあ、皆おっはよ~☆今日も元気一杯かな~?」

 朝からテンションの高い志村に対して全員黙っている。

 「今日は皆にハッピーなお知らせを届けにキタヨ~!何と今日から新しい仲間が増えたのだ!!紹介しよう、黒崎炎美君で~す☆」

 すると志村は両手を炎美の所に広げて紹介した。

 「ささ、炎美君!自己紹介して」

 志村はひそひそ声で炎美に言った。炎美は小さく頷いた。

 「く、黒崎炎美です!今日からよろしくお願いします!」

 短く紹介を終えると頭を下げた。

 「どうやら緊張しちゃってる様だね~!まあ皆、仲良くしてあげてね♪それじゃ、解散!」

 そう言うと全員その場を後にしエレベーターに向かって行った。炎美と志村だけがその場に残っていた。

 「いつも朝礼してるんですか?」

 「イヤ、今日は君を紹介しとかないといけなかったから皆に集まって貰ったんだ!通常はすぐに仕事に入って貰ってるから明日からは皆が集まる事はしばらくなさそうだね。それじゃ、私達もそろそろ行こうか!」

 「は、ハイ!」

 そうして少し遅れて2人もその場を後にした。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く