BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode2 #3「炎美VS柑菜」

 柑菜に案内された場所は真っ白の壁で覆われた大きな部屋だった。

 部屋の真ん中には志村ともう1人男の人が立っていた。

 「やあやあ、十分休息はとれたかい?」

 またも笑顔で話しかけてくる志村。

 「テストって一体何するんですか?」

 炎美はずっとその事が気になって志村に問いかけた。

 「まあそう焦らないで!まず先に彼を紹介しておこう!」

 すると志村は一緒にいた男の話から始めた。

 「彼は細谷ほそや 貴文たかふみ!私達と同じスフィアの一員だ!ちょうど彼非番だったから一緒に観て貰おうと思って紹介がてら連れて来たんだ。それじゃあ細谷君!簡単にでイイから挨拶よろしく~☆」

 志村はテンション高めで紹介してくれたが細谷という男は冷静でいた。

 「細谷 貴文だ!お前とはこの時間だけしか会う事は無いだろうがよろしく!」

 「は、はあ…」

 細谷は炎美を睨みつけ挨拶も冷たい言い方ですませた。

 「ゴメンね~炎美君、恐がらせる様な言い方しちゃって!彼、恥ずかしがり屋で素直じゃない所があるから」

 志村はそう言ったが細谷は一蹴する様に言い返した。

 「違いますから!俺はただ本当の事を言ったまでです!コイツが危険だと判断されればそく即処刑、危険で無ければ監察署送り!今後会う事は万に一といったところでしょう」

 「ちょっと待って下さい!!それって本当何ですか?」

 唐突の発言に炎美は志村に問い詰めた。

 「残念だかそれが妥当だろうね。さっきも言ったと思うけど君に拒否権は無い!ココで抵抗するならその場で処刑だ!それよりかは監察署にいた方がまだ自分の為だと私は思うよ」

 「っ!!」

 志村の顔は真顔だった。嘘では無いということだろう。

 まさかの残酷な現実を突きつけられた炎美。

 (なら俺は一体何の為にココまできたんだよ!!)

 歯をくいしばる事しか炎美には出来なかった。

 「それじゃあテストを始めさせて貰うよ!」

 さっきまで真顔で話していた志村は一変してテンション高めで仕切りだした。

 「テストの内容は実にシンプル!!君はコレから柑菜と対戦して貰う!」

 「ハア??」

 炎美ではなく柑菜の方が驚いた顔していた。

 「局長、そんな話聞いて無いんですけど!!」

 「そりゃあそうだよ!今さっきクジ決めたんだもん☆」

 柑菜の問いかけに和かに返す志村。

 「なっ!!」

 柑菜の顔は完全に引きつっていた。

 「後、お互い殺し合うつもりでやってね☆」

 謎の決めポーズを決めた志村は細谷と一緒に部屋を出た。

 そして俺は柑菜と1対1で闘うことになったのだ!

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く