BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode1 #2「ツインテ女子」

 ---「そう言えばスフィアってなんだ?」

 情報収集する為人気の多そうなビル街へと向かっているがスフィアというのが何なのかはよく思い出せ無い。

 (人の名前?それともお店の名前かな?)

 まずそれだけでも思い出せ無いものか?

 ドウゥゥーン

 「おわっ!」

 大きな騒音と地鳴りがして思わず驚いてしまった。

 どうやらビル街の方から聞こえてきたが…

 「どうすっかなあ~」

 丁度向かっている所なのだが今行くと危ない気がしてきた。

 「オラ~!!どけ~~!!」

 急に前から男が飛んできた。

 黒ずくめの男の前で着地するとそのまま横を通りまた飛んで行った。

 「おわっ!」

 (一体、何だったんだ?)

 後ろを振り返るとさっきの男はもう姿が見えなくなっていた。

 「??」

 もう何が起きているのか理解が追いつか無かった。ただでさえ記憶を失くしているというのに…

 「ああっ、せっかく捕まえたのに~!!」

 すると前から女の人の声がした。前に向き直すと金髪のツインテ女子が男の前に立っていた。

 (ひょっとしてさっきの人を追いかけてたのかな?)

 ツインテ女子は乱れた呼吸を整えながらこちらに向かって来た。

 「ねえ、ちょっとイイ?」

 ツインテ女子が男に話かけてきた。

 「ハ、ハイ?」

 あまり状況が飲み込めないまま返事をした。

 「さっき、コッチに男が飛んできたでしょ。どっちに行ったか分からない?」

 「え~と、よく見えなかったんですけど、多分真っ直ぐ行ったと思います」

 ツインテ女子の質問に渋々男は答えた。

 「そう、ありがと」

 そう言うとツインテ女子は立ち去ろうとした。

 男の横を通ろうとした時、一瞬左の袖に「Sphereスフィア」と描かれているのが見えた。

 「ちょっと待って!」

 すかさず男はツインテ女子の腕を掴んだ。

 「ちょっ、あんた、急に何よ!」

 流石にイキナリ掴んだものだからツインテ女子は少しキレ気味に言った。

 「ゴ、ゴメンなさい。1つ聞きたいことがあって…」

 「はあ、何?」

 少しイラついているご様子の彼女だが取り敢えず話を聞いてくれそうだったので男は彼女にとある事を聞いてみた。

 「あの、失礼ですがあなた、『スフィア』さんですか?」

 すると質問に対し彼女は、

 「はあ?」

 少しの間、静寂の空気が流れた。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く