BLOOD HERO'S

ノベルバユーザー177222

episode0「黒炎の檻」

 ---ここは、何処だろう

 熱い!背中がもの凄く熱い!

 俺は今倒れているのか?

 目の前には綺麗な星空が見えている。

 だが周りは黒い炎が包んでいる。

 ここは建物の焼け跡か?

 ドーム状の骨組みの一部が焼けているのが見えた。大分焼けてきて今にも崩れ落ちてきてそうだ。

 早く逃げないといけないが、体が全く動かない。

 駄目だ、もう火の手が周囲を覆って今立ち上がれたとしても逃げるのは厳しいだろう。

 声も出ない。これじゃあ助けも呼べない。

 腕も上がらない。これじゃあ力も入らない。

 俺はただ星空を眺める事しか出来ない。でもこんな最後も悪くないかもしれない。

 ああ、もっと俺に力があれば…

 ああ、死にたくねぇ。

 意識も薄っすらとしてきた。微かに見えた骨組みが崩れ始めた。

 崩れ落ちた一部が俺に向かって落ちてきた。

 ---ドシャア

 黒い炎と黒い煙が上に上に登っていった。

 それはまるで黒炎の檻の様だった。

「BLOOD HERO'S」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く