クラウンクレイド

さたけまさたけ/茶竹抹茶竹

『14-5・Chaser』

14-5

 祷の持っていた杖を受け取って桜が即座にそう言った。弘人はその言葉の意味を問う。

「只の杖って言うと?」
「魔女の杖というのは、持ち主の魔力を補う為のものなわけ。だから例えば杖の材質には魔力のこもる柊を使って、杖の頭にはルビーを据え付けたりするわけ。でも、この杖は何の細工もされてない。木目調に仕上げてあるだけで、材質は金属だわ」
「今の話、すごい魔女っぽい」

 桜の説明に祷は感心したようにいう。魔女らしさの欠片も無い素人の様な言葉に、桜が溜め息を吐いた。

「本物の魔女だから。つまり、祷の杖は形式的な物になってるって事」
「そうだね、あくまでこの杖を持っている時に暗示を解除する為だけのものだから」

 日常生活において魔法の思わぬ発動や暴走を防ぐために、魔女は自分に暗示をかけているという。それを解かなければ魔法は使えず、暗示をかける為に彼女達は呪文を唱え、そして杖を持つのだと言った。
 それが無ければ、先程見せていたような手の平で小さな炎を灯すくらいしか出来ないのだと言う。

「それで、ここからが本題なんだけど」

 ここまでの話であれば弘人が呼ばれた理由が分からなかった。魔女についての意見交換会であれば、弘人は完全に部外者である。桜が祷に杖を返しながら言った。

「祷の魔法の実力はかなり高いのが見てて分かったわ。あたしと系統は全く違うけど、ちゃんとした魔女であるのは間違いないと思うわ」

 魔法について弘人は詳しくなく、祷の実力とやらも見てはいない。しかし、彼女は明瀬を連れて2カ月間生き抜いてきただけの実績がある。それだけの魔法の実力と判断力を持っていると言える。

「あたし一人じゃなくて、祷と一緒なら遠くまで探索に行けると思う」
「それって」
「ヘリを追いかけられるかも」

 確かに最終目的地はこのホームセンターではない。生き残る事が目的であり、安全が保障されている此処は籠城出来ても、年単位で生きていく事は出来ない。ヘリが飛んでいる以上、救助の可能性は見えていると言える。しかし、今までヘリから返事が返ってきた事は無かった。発煙筒等の合図に反応しないのなら、ヘリを追いかけるしかないのかもしれない。
 だが、と弘人は思う。

「反対だ。危険すぎる。そんなことを二人だけに任せるわけにはいかない」
「私は構いません。救助の可能性があるならそれに賭けるべきです」

 祷がそう言った。その手にした杖を握り締めて。彼女の言葉に、初めて強い意志が見えた様な気がした。彼女はヘリを追ってここまで移動してきた。危険を顧みずに。それをするだけの闘志と必死さが、彼女の二か月間の生活を物語っている様に思えた。
 それでも、弘人はその提案を肯定できなかった。それは死と隣り合わせでしかない。

「ヘリは何度も目撃してる。発煙筒も焚いてる。発見される可能性は十分ある」
「ヘリの高度は高くないから発見できていないとは思えないのよ。何か別の理由がある筈だと思うわ」

 確かにホームセンターにはヘリの着陸は不可能である。建物屋上はそれを前庭とした設計はされておらず、駐車場は凄惨な状況でそのスペースは無い。発煙筒により此方の存在に気が付いていても、行動できない可能性はある。周囲に着陸できるスペースがあるかは分からないが、其処からホームセンターに向かうにはゾンビの群れとの遭遇は避けられない筈だった。
 ならば、ゾンビと遭遇しても対処が可能な桜と祷が外に向かいヘリと一度接触すると言うのは理には適っている。けれども、それを支持する事は弘人には出来なかった。魔法は万能ではない、魔女が無敵というわけでもない。噛まれれば感染、そうでなくとも死。その可能性は決して低いわけでもなく。
 魔女一人がいればゾンビを恐れなくて済むわけではないのだ。今まで多くの犠牲者を出してきた事実は消せない。
 故に、弘人は反対し続けた。仲間を危険に晒す事は容認など出来ないと。強い口調で何度もそう繰り返す。
 桜は少し圧倒されて言葉に迷っていたが、祷の目線は鋭く、彼女は冷静に残りの食料からリミットの日数を計算して告げる。

 意見は堂々巡りで答えが出ない中、鷹橋が現れた。見張りの交代の時間だと彼は言う。解散となり、椅子を立ち上がった祷は言う。

「明日、もう一度話し合いましょう」



【14章・光を求めて 完】

「クラウンクレイド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く