話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

夏に食べたい麺類と言えば?

東京都。江戸川区。
「ありがとうございました。楽しかったです」
「そうですか。まあ、すぐに夏祭りがありますけど」
夏祭りか。そういやそんなのもあったな。
「夏祭りか……。暁、行く?」
「暇なら行くよ」
「花火……見たい」
「わたあめと、チョコバナナと、あっ、それから金魚すくいもやりたいな!」
勧誘する人姉さんと、待ちきれない気が早い人が二人。
「あら、皆さんもう夏祭り気分ですか?」
「いやあ、気が早いだけですよ……」
まあ楽しみじゃないと言えば嘘になるし、俺も花火は見たい。
……っつーか、夏祭りなんて何年振りだろうな。
「あー……先輩もどうです?夏祭り」
「……私も……ですか?」
言葉を詰まらせる先輩。何だ?心なしか顔が赤い気がするんだが……。
「はい。……あ、予定あるなら無理に合わせなくても良いですよ?」
「いえ。大事な友人からのお誘いを無下にする訳にもいきませんから」
「そりゃどうも。何ならエスコートして差し上げましょうか?お嬢様」
「か、からかわないでくださいな!」
予想通りの反応だった。しかし(口では言ったものの)女の子をエスコートするなんて俺には出来たもんじゃないよ。
「あ、明日皆で浴衣見に行きません?明々後日が祭りですし、準備は早い方が良いでしょう?」
そう言ったのは姉さんだ。何だかテンション高くないすか?
「あっ、それ良いね!行こうよ!」
「……浴衣……見たいな」
「良いですわね。……もちろん、雨宮さんも来ますよね?」
賛同者三名。俺はどっちでも良いかな。
「……ええ。明日は予定も無いし。どうせ暇ですから」
どっちでも良いなんてあやふやな回答をしたら詰め寄られると考えたヘタレの回答。
「良し。決まりだね!じゃあ、そういう事で。また明日!」


「……江戸川区の祭りって言っても、色々あるんだな」
PCのデスクトップに表示されているのは、江戸川区の公式ホームページ。俺が調べているのは区の祭りについてだ。
今日が八月一日。これから一番早い日にやるのは八月五日の江戸川区花火大会。
「出店って出んのかな?まあ行ってみないことには分からんよな」
がちゃっとドアが開き、
「暁、ご飯出来たよ。そうめん」
姉さんが顔を出した。何とも愛らしいウサギ柄エプロンを着用している。
「ああうん。分かった。今行くよ」


「おお。旨そうだね」
「でしょ?……これで千円以内に収まるんだから敵わないね」
「スーパーで大量に売ってたの適当に買ってきたんだな。主婦精神恐るべしだ」
これ主婦精神のせいでタイムセールが戦争みたいになるのか。
「はーやーくー!」
急かすのはケイト。お前いつ箸持ってきたんだ?
「……ん、美味しい」
いやもう華に至っては食ってるし!いただきますしたのか?
「待ちきれないのかただ食いたいだけなのか……」
「あはは……。私達も食べちゃおっか」
「そうさせてもらうよ」
俺達は食事前の合掌をして、そうめんを啜った。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く