話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

留年生は警備員

江戸川区。某所。
「すごいな。もう人がたくさんいるぞ」
まだ六時過ぎて間もないってのに、恐ろしいね。
「これだけ人がいると、さすがに酔っちゃいそうだよね」
ねー。江戸川区って何気に人多いし、この手のイベントにはめちゃくちゃ来るって分かってたはずだったんだが……。
「う、うう……」
ああ……。華が尻込みしてる。
「わあー!暁!あっちのわたあめ欲しいな!あ、あと、あっちの金魚すくいもやりたい!」
「はいはい。四百円やるからやって来なよ」
すごいハイテンションだな。夏祭りが珍しいのか?
「ふふ。ケイトさんはまるで子供ですわね」
「まあ、はい。アイツはだいたいいつでもハイテンションですから……」
ん?ん?天条鳳先輩。何故腕を組んでいるんでしょう?あ、胸とか当たって歩きづらいし意識しちゃうぞこれ!
「あ、あの、先輩。色々当たってるんですが……」
「当てています。と言ったら、どうなさいますか?」
分かっててやってたのかこの人!確信犯?いや、故意犯か!
「あの、先輩。歩きづらいんで、離れてもらっても」
「嫌です」
即答かよ。しかも抱きつく力強くなってるぞ。
俺がどうしたもんかと悩んでいると、
「お?雨宮じゃねえか。久しぶりだな」
この野太い声は……近藤か!
「近藤!ほんとに久しぶりだな!」
「……誰ですの?」
そうか。先輩は近藤を知らないんだった。
「俺のクラスメートの、近藤櫂。何かしらアルバイトをしてるらしいんですが……」
「え、あ……どうも。こんばんは」
あれ?たじろいでる?……先輩の目が怖いのか。
「はい。こんばんは。……近藤さん。あなたは何故ここに?祭りに来た以外の理由がありそうですが」
「あれ、バレてます?」
「当然です。顔に書いてありますわ」
……恐ろしい。この人天条鳳先輩と結婚した人は隠し事が出来ませんな。
ん?何か背中が引っ張られるな……。
「こ、怖い……」
ああ……華、怯えちゃってるよ。まあ、一八二センチの大男が現れたら、そりゃビックリするよな。
「ん?おお。悪い悪い。別に怖がらせる気はねえんだ」
そう言っておどけてみせる近藤。
「で、何の用でここに?」
疑いの(あるいは怪訝な)目を向ける先輩。敵意……って訳でも無いが、どうも近藤を毛嫌いしてるらしい。
「ざっくりと言えば、警備業務ですかね。対魔法犯罪の」
「魔法犯罪の警備?あなたの様な学生が、時に凶悪犯とも対峙する魔法警備業務を?」
まあちょっと落ち着いてと近藤が取り出したのは、一枚の紙。
どうやらそれは名刺で、『日本魔法警備保障』と印字してあった。
日本魔法警備保障_______通称『JMSG』と呼ばれる会社で、読んで字のごとく、魔法による警備を行う会社だ。
あれだ。某警備会社の魔法バージョン的な感じだ。
「はい。警備ってありますけど、要請さえあれば、何でもやる会社ですよ」
「近藤。お前の着てる服って、何か変わってるな」
「これか?これは……なんつーか、色々仕込めるベストだ」
黒いベストには、背中に『JMSG』と白抜きにしてあった。妙にカッコいいな。
「で、その魔法警備業務に携わって、成果はありましたの?」
「今のところは無いです。っていうか、何かあって、犯人を取り逃がしでもしたら、会社の評価に関わりますよ」
何も無いのが最善。何かあっても魔法警備員が取り押さえれば万事解決。
「そうですか。では、これからも頑張りなさいな。雨宮さん。行きますわよ?」
「あ、ああ。はい。じゃあな。近藤」
「おう。また学校でな」
俺は先輩に腕を引っ張られながら、その場を離れた。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く