話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!

神楽旭

転校生(?)宮雨暁姫

俺は、教室にいた。しかし、立つ位置がいつもと異なる。
理由は単純。『女子になってしまった俺が転校生として振る舞っている』からだ。
「……えっと、宮雨暁姫、です。普通科の高校から来ました。魔法科の高校は初めてなので、色々教えてくれると嬉しいです」
途端、男子生徒から歓声があがる。お前らそんなに俺が好きなのか。そうかそうか。
……などと派手な勘違いをしつつ俺は、
「先生、私はどこに座れば良いですか?」
「ああ、宮雨君は九条君の隣だ。九条君、良いかね?」
なるほど。姉さんの隣か。まあ、やりやすそうだな。
「大丈夫です。宮雨さん、おいでよ」
子供扱いすんのは止めてくれないか。
俺は窓に一番近い席……教卓から見て右斜め最後列の席だ。
「宮雨さん、これからよろしくね!」
「あ、うん。よろしく」
「(ふふっ、暁にしては中々良い演技だね。役者になれば?)」
「(いやだよ恥ずかしい)」
冗談半分なのかニヤニヤしている。性質悪いな。
「ええー、一限目は魔法基礎理論だ。準備しておきなさい」


俺が一限目の準備をしていると、
「宮雨さん……だっけか?」
「あ、はい……」
近藤が話しかけて来た。こいつデカいからビビるんだよな。根は良いヤツだけど。
「俺は近藤櫂。よろしくな」
「あ、うん。よろしく」
「……ところで宮雨さん、雨宮を見なかったか?あいつ学校来てから見てねえんだが……」
やっぱり怪しむヤツがいたか。まあ、近藤だし、比較的話しやすいかね。
「近藤君。それについて話があるんだけど……」 
「あ?良いぜ。何なら屋上で聞くか?」
「そうしてくれると嬉しいかな……」
結局一限目は欠課申請を出した。まあ欠課申請を出した授業の単位分の補習を受けることになるが。


「で、話ってのは?」
「うん。…実は私……」
「おう。バシッと言っちまえよ」
俺は深呼吸して気持ちを整えると、
「『俺』が、雨宮暁なんだ」
ついに言った。どんな反応するかな。
「ああ、なるほどな。何か似てるなーって思ってたが、そういう事か」
あ、あれ。全然驚いてない。
「驚かないのか?」
「いや、驚いちゃいるが……。『裏』の仕事よりかマシだな」
「『裏』?」
『裏』の仕事って何だよ。この年で厨二病は笑えないぞ。
「『裏』っつっても殺しとかぶっ壊すのじゃない。精々人助けが一番の仕事って感じだな」
人助けしてるのか。感心感心。……俺はいつから校長先生の真似事を始めたんだ……。
「まあ、ちょっと特殊なアルバイトだ。給料はそこらのバイトより断然高い」
「それと今の俺に驚かないのに何の関係が?」
端から見ると何の脈絡も無しにバイトの話をしているようにも見える。
「昔とある研究所でボヤがあってな。何でも実験中の事故だそうで。火の方は研究員が消したんだが、瓦礫が落ちてきてな、どうにも自分らじゃ出られんと」
「そこで出てきたのが俺達だ。すぐに研究所に向かって瓦礫を魔法で吹っ飛ばした」
そういうのって警察や消防の仕事じゃないかというツッコミはあえてしないでおく。
「ただ、そこにあった光景が衝撃的でなあ……」
近藤は苦笑いしながら頭を掻き、
「どう考えてもコイツ元は女だろっていう男の死体が転がっててな。ご丁寧にタマまで付いてやがったよ」
「人体実験ってヤツか?」
どこにでもあるんだな。ヤバい研究してる組織なんてのは。
「……まあ、近いっちゃ近いな。で、俺も気になって聞いたんだが……」
苦虫を噛み潰した様な顔をした近藤は、
「『人間の魔力量が限界を越えるとどうなるか』っていう実験らしくてな」
人体実験すんなって。シミュレーションで何とかなるだろ。
「で、その実験にはもちろん魔法が必要で、研究員は全員魔導師だ。そんでもって違法な実験してたから____」
「……魔導衛師の出番ってトコか」
魔法関連の事件・事故の処理は全て魔導衛師に一任される。
「そうだ。もちろん研究員は捕まったし、その研究所も解体されたよ。俺らは雇い主を通して魔導衛師から表彰されたような……」
「魔導衛師から表彰って……すごいな」
素直に感心したところで一限目の終鈴がなった。
……補習確定だな。今週の休日削られるな。

「ヘタレ魔法学生の俺に、四人も美少女が寄ってくるなんてあり得ない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く