Spiral Labyrinth……螺旋の迷宮

ノベルバユーザー173744

8……間章……

小さい頃から、家族に囲まれて育った。
音楽に囲まれて育った……。

パパは指揮者。
普段はママといつも寄り添って、笑っている。
でも、コンサート会場では背を向けているので余り見えないが、何回か内緒でリハーサルをこっそり見せて貰ったときのパパは真剣で、物凄く表情が違っていた。

「鬼気迫る表情ってあれだな~」

こっそりとと言うよりも堂々と腕を組んで、高飛たかとお兄ちゃんは言った。
髪の毛を染めたりコンタクトに、兄弟のなかで一番派手な格好をするお兄ちゃんは、6人兄妹の4番目で次男。
17歳年上で、プロのトランペット奏者で、世界中の音楽家とのコラボや、ソロコンサートもしている忙しい人。
でも、優しい。

「本当に指揮者は演奏者の個性を上手く引き出してまとめあげ、曲を作り上げるんだ。一応は楽譜をチェックするためにめくっているけど、ほとんど覚えているはずだぞ。しかも立ちっぱなしで、交響曲ってかなり厳しいもんだ」
「しゅごーい。パパ」
「まぁ、今回はリズの誕生日コンサートとチャリティコンサートだしなぁ」
「ママも海音かいとお兄ちゃんも、歌音かのんお姉ちゃんもいる~。お兄ちゃん、海音お兄ちゃんは何で立ったり座ったり、それに音を最初に出すの?」

妹をだっこしながら、説明する。

「英語でコンサートマスター、イギリスなどではリーダーと呼ばれているオーケストラの演奏を取りまとめる役目なんだ。ヴァイオリンの首席奏者が担うんだ」
「わぁぁ、じゃぁ、海音お兄ちゃん凄いね!」
「結構大変らしいけどな。それに今回は父さんと母さんがいるし、緊張するだろうな。しかも、リズの希望が『歌劇アイーダ』のラダメスの『清きアイーダ』だし。蓮斗れんと歌えるのか?」

別室で声楽担当の英玲奈えれなと蓮斗は練習をしている。
蓮斗は、『清きアイーダ』と、『トゥーランドット』の名曲『誰も寝てはならぬ』だが、英玲奈は『ペール・ギュント』の『ソルウェイグの歌』と、『トスカ』の『歌に生き、愛に生き』、『ジャンニ・スキッキ』の『私のお父さん』である。

特に、リズが、

「英玲奈お姉ちゃん。あのね?『ペール・ギュント』の『ソルウェイグの歌』聞いてみたいなぁ……この間CD聞いたら、歌じゃなかったの」

と言うおねだりに、短期間で仕上げたらしい。

ちなみに蓮斗も、リズのおねだりに、苦手とする恋愛ものにチャレンジである。
まぁ、テノール歌手は主役や、女性が主人公でも相手役が多い。
『カルメン』の主人公の女性はメゾソプラノ、もしくはソプラノだが、相手役の衛兵ドン・ホセはテノール、その恋敵の闘牛士のエスカミーリョはバリトンである。

「あら?何してるの?リズちゃん。お父さんやお母さんが呼んでいるわよ?」

英玲奈が又高飛が……と言いたげに苦笑している。
音をチェックしていた蓮斗も、

「リズ。早く戻ってきて。ベアちゃんが心配してるよ」
「えと、お兄ちゃんたちも待っててくれる?」
「当たり前でしょ?安心してもどっといで」

その声に、リズはだっこしている高飛を見る。

「大丈夫だ。皆いるから」
「うん!お兄ちゃん。待ってて……?」



リズは声のする方に歩いて行くのだった。

「Spiral Labyrinth……螺旋の迷宮」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く