Spiral Labyrinth……螺旋の迷宮

ノベルバユーザー173744

序章

そうなんだ……。
最近二人ともよそよそしいと思った。
なのに、私たち音楽室に向かうしかない生徒のための裏口通路で、なぜ座ってるのかなぁ……。

ここ、古い錆びた鉄の螺旋階段なのに……3階まで登ったが、4階の鍵しか今は開いていない。
しかも音楽室のある4階の入り口を陣取るように並んでる。

私に用事かな? 

私、志摩里鶴夢しまりずむ
名字が志摩、里鶴夢でリズム。
音楽家の両親と、年の離れたお兄ちゃんとお姉ちゃんは揃って有名なコンクールに出場した天才のなかで、凡才です。
家族は才色兼備なのに、これまた平凡な顔と成績は中。

でも、両親や兄姉は、なぜかにこにこと、

「リズちゃんは可愛い!さすがパパの子」
「そうよ!リズちゃんを生んで本当にうれしいわ!」

これは両親で、お兄ちゃんたちは、

「あぁ、癒される……」
「癒し系よねぇ、リズちゃんは」
「そうそう。子犬系?」
「いやハムスターだろ。あ、ホーレホレ、リズ。欲しがってたぬいぐるみだぞ~?」
「いい加減、ぬいぐるみじゃなく、可愛いイヤリングとかが良いと思う」

……はい、長兄、姉二人、次兄、三兄、の6人兄弟の末っ子です。

まぁ、それはいいとして、今日は、久しぶりに家族が揃うから、早退させてもらうために近道をと思ったのに……。
一瞬考えたが、大好きな家族を優先させたいがために、クルッと遠回りの道を選ぶために階段を降りていこうとした。
すると、

「おい、リズ!」

何故か苛立たしそうに頭上から声がした。
幼馴染みの谷崎敬太郎たにざきけいたろう、そして……。

「やっぱり……リズちゃんは私のこと、嫌いなのよ。敬太郎くん」
「こら!リズ!香也かやちゃんと喧嘩したんだって?お前」
「い、いいのよ。多分私が悪いんだし……」

止めるふりをするのは、私のクラスの田村香也たむらかや
同じクラスになったのは今年の春。
私が2年生になったとき。
最初は仲良くしてた。
けど、部活も忙しく、家族が滅多に帰ってこないし、家事をある程度していたら距離ができた。
ついでに言うと、敬太郎を紹介すると余計に……。

「……私、香也ちゃんと喧嘩もしてないし、どうしてそんなことを敬太郎が言うの?」

つい、このあとのスケジュールが圧しているため、珍しくきつい口調になる。

「敬太郎は解ってるじゃない?私は部活と勉強と必死で、それに、両親やお兄ちゃんたちは忙しいから、久しぶりに今日は家族が揃うから、帰るつもりなの。退いて!もうすぐ迎えに来る高飛たかとお兄ちゃんには、本当に久しぶりに会うんだから!」
「俺がいってるのは、お前が香也ちゃんと喧嘩……」
「してないって言ってるじゃない!敬太郎は私を信用してくれないの?」
「香也ちゃんが相談に来たんだ!お前が無視するって!」
「してないし……香也ちゃん。何でそんなことを言うの?私が何をしたの?それより通して!」

私は、二人の腕を必死に振り払おうとするが、香也の腕が私の腕をつかみ引っ張った。

「きゃぁぁ!」

バランスを崩す。
しかも、次の瞬間、強く鉄製の螺旋階段に叩きつけられ、転がり落ち……そして、途中で、手すりに叩きつけられたと思ったら、鉄柵が分解し、宙に浮いたのは覚えている。



それからの記憶はない……。



敬太郎は幼馴染みが転がり落ち、しかも錆びた手すりに叩きつけられ、壊れた手すりと共に姿が見えなくなったことに愕然とした。

「お、おい、香也ちゃん!お前、リズの手を引っ張っただろ!」
「そ、そんなこと、してないわ!あんたでしょ!誰かぁ!こいつが、女の子を突き落としたのよ!先生呼んで!」
「おい!何いってるんだ!俺じゃない!香也、お前だろ!何いってるんだ!」
「皆!こいつよ!こいつが突き落としたのよ!」

わらわらと人が集まってくる。

「何があったの!」

音楽教諭に、香也は大袈裟な身ぶり手振りで、

「二人が言い争いをしてて、止めようとしたら、彼が突き落としたの!」
「はぁ?」

壁にもたれていた一人の男……敬太郎のクラスの和真かずまが香也をにらむ。

「この位置からでも見えたぜ?お前がケイの幼馴染みのリズちゃんを落としたくせに!嘘つくなよ」
「なっ!」
「この女、リズちゃんの悪口を広めて苛めてたらしいじゃん。しかも、単純バカのケイはそれを信じて、苛めはするなって話そうとしてて、リズちゃんは急いでたなぁ……何かあった?」

救急車とパトカーが到着する音に、教諭は我に返る。

守谷もりやくん。職員室で何があったのか、谷崎くんと田中さんと共に事情を説明してちょうだい!私は、志摩さんのところに……あぁぁ!どうしましょう!志摩さん!」
「はーい、せんせぇ~。ってことで、ケイ。来い。ちなみに逃げようとしても無駄だぞ。お前。ここがどこか解ってねえのか?サボる俺はともかく、ここが音楽室の横で、特に音楽に愛された、先輩後輩問わず慕われてるリズちゃんの仲間の前だぞ?逃げてみろ、殴る蹴るは最低でもされるだろうぜ」

ニヤッ、

笑った和真は、香也の腕をつかみ歩き出したのだった。

「Spiral Labyrinth……螺旋の迷宮」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く