『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

魔眼の効果

 それは地獄を見せられているかのようだった。
 ……慟哭。
 ルナさんは錯乱したかのように暴れまくり、駆けだした。
 そして空に向かい雄たけびをあげる。

 「ル、ルナさん、一体、何がどうなってるんだ?」

 混乱する俺は、ルナさんの元に駆け寄る事すら躊躇してしまった。

 「まさか、インターセプト!ジャックされてる?」
 「陽葵、わかるのか?何が起きてやがる?ルナさんに!」

 陽葵は「たぶん」と前置きをして―――

 「魔眼によって、ルナさんは視界をジャックされている」
 「視界をジャック?どういう事だ?」
 「いいかい?私たちが使うARというシステム。結局、それは網膜にレーザーを当てる事で追加されている映像なのは知ってると思うけど……」
 「まさか、それじゃ……ルナさんは?」

 「地獄のような映像を強制的に見せられている」
 「―――ッッッ!?」

 そこまでやるのか!
 マグマのような熱が体を這い上がっていく。
 助ける手段はシンプルで簡単だ。携帯端末ディバイスを外すだけ。
 しかし、ルナさんの絶叫に引き寄せられるようにメデューサが攻撃を開始している。
 当然、ルナさんには回避も防御の手段もない。それどころか、攻撃を受けてることに気がついてないかもしれない。見る見るうちにルナさんのHPが減少していく。 
 いや、おかしい。 裏ボス戦はデスゲーム。参加資格として携帯端末ディバイス『サラブレッド』には外付けで拡張パックを取り付けておかなければならない。そして、この拡張パックがプレイヤーのHPが0になると同時に有毒をまき散らす事になるのだが……
 これだけではない。裏ボス戦ではダメージを受けると、携帯端末ディバイスからの電流によって痛みが再現されるはずだが、ルナさんには、その様子はない。
 システム的に、あるいは魔眼の仕様として痛みがキャンセルされているのか?
 だが、魔眼の効果が痛みすら無視せざる得ない拷問だとしたら……

 「この野郎が!」

 俺は、装備しているキャノン砲をメデューサに向ける。
 そして―――引き金トリガーを絞る。

 「ダメえええええええええええええええええええ!」

 制止の絶叫。誰の? それは陽葵の声だった。なぜ?
 疑問に思う瞬間も刹那。
 すでに放たれた弾丸はメデューサの頭部を捉えていた。
 大きく、仰け反ったメデューサは、ルナさんへの猛撃を止めた。
 その代わりに、ギロリと視線を俺に向けて睨み付ける。
 俺は自分の悪手に気がついた。しかし、もう遅い。
 メデューサはターゲットをルナさんから俺に変更する。

 「しまった。チクショウが」

 俺は悪態をつく。
 俺たちのPTは2人組だ。物理的な理由で陽葵は除く。
 これが3人だったなら問題はない。
 しかし、メデューサのヘイトが俺に移った今、誰が狂乱しているルナさんの携帯端末ディバイスを外されるというのか?

 メデューサは下半身が蛇のくせに素早く俺に向かって距離を縮めた。
 俺は、メデューサをやり過ごし、ルナさんの元に行かなくてはならない。
 しかし―――状況は、まるでバスケットボールの1ON1だ。
 今はメデューサの体が巨大な壁のように見えてしまう。
 しかし、迷っている暇はない。 俺はメデューサの体を迂回するように駆け出す。
 簡単にメデューサを越えれない。
 襲い掛かってくるのは連続攻撃。
 髪の蛇。左右の爪。さらに俺の動きを邪魔するかのように、進行方向から向かって来る尻尾の攻撃。
 それだけではない。事前に攻撃を知らせる予備動作なのだろう。メデューサの眼が赤く光る。

 (魔眼か!) 

 慌てて、目を閉じてやり過ごすが、その間、他の攻撃を避けきれずHPが削れる。

 「―――痛っ!」

 たまらず、俺は1歩、2歩と後ろに下がった。

 (どうする?どうやる?)

 メデューサの背後から聞こえてくるルナさんの声で焦りが強くなっていく。

 (落ちつけ。落ちついて考えるんだ。俺に何ができて、何ができないのか……)

 「だが―――できない事くらいやってやる!」

 俺は前へ踏み込む。そのまま、大きく体を沈め込む。
 そして、右へ―――
 メデューサはそれに反応して爪の突きを放った。
 その爪は宙を切る。
 なぜなら、俺はサイドステップで左へ飛んでいたからだ。

 何度も目前で見せられたサイドステップ。

 世界トップクラスのアスリートのテクニック。
 それを再現したパーシの体術をさらに再現してみせたのだ。
 100%の再現度とはとても言えない。けど、情報アノテーションに過ぎないメデューサ相手なら、それで十分だ。
 すれ違いざまに、メデューサの腹部に短剣を切りつける。
 そのまま―――

 「コイツは、オマケだ」

 メデューサの後頭部にキャノン砲を突きつけて―――

 「……ファイア」と呟いた。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・


 Weakpointウィークポイントbonusボーナス

 backバック attackアタック

 その二文字を背後に浮かべならが、俺はルナさんの元へ到達した。


 

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く