『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

老人と剣の正体

 俺たちは洋食屋をあとにして、橋を目指した。
 たしか―――

 『植守川橋』

 アプリの地図から距離と歩行時間を表示させると20分。
 20分も歩けば、張った腹部も運動可能レベルまで回復すると思う。

 「もう少し、どこかで休憩しますか?」

 俺の様子から何かを感じ取ったのだろう。ルナさんは休息と提案してくれた。

 「ん~ 少し休みたいかも、どこかに休める場所でもあればいいけど」
 「あっ、予定ルートより少し離れますが、近くに公園があります」

 公園に到着するとベンチを発見。
 そのままに座り込む。公園では、子供が走り回っている。
 そういえば、今日は土曜日だったなぁ。 

 「なんか平和だ」
 「平和ですね」

 自分では思っていた以上に張り詰めていたみたいだ。
 さっきのハンバーグ相手の激闘も無論、日常生活でも……
 思い返してみれば、デスゲームが始まって以来、起床は太陽が昇るよりも早く出かけ、ボス狩りへ行き、学校の昼休みにも外へ抜け出し、ボス狩りへ向かう生活。
 それを止めるわけにはいかないけれども、俺の中で苦しいや辛いといった感情をコントロールできているわけではない。
 もしかしたら、陽葵がやたらルナさんと会う事を「デートだよ!デート!」と囃し立てていたのは、それを見越して、癒しと安らぎを……いや、そんなわけないか……

 まどろみの勧誘に誘われて、どうやら俺は意識の手綱と手離してしまった。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 (あれ?寝ちゃったのか?なんだか柔らかい……)

 「あっ、起きましたか?」
 「?」

 なぜだかルナさんの声が上から振ってきた。
 上から?
 俺を目を開く。すると、ルナさんが上からのぞき込んでいた。

 (ん?妙……不自然に顔が近い気がする…って!?)

 俺は跳ね起きた。
 なぜなら、ルナさんに膝枕をされていたから……

 「す、すいません。寝てしまって」
 「いえ、構いません。疲れていたみたいなので……」

 それから俺たちは――― 

 「……」
 「……」

 と、しばらく無言だった。
 チラッとルナさんの様子をのぞき込むと、その顔は真っ赤に染まっていた。
 たぶん、俺と同じ色だ。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・


 ―――植守川橋―――

 「……到着しましたね」
 「……はい」

 俺たちは会話にぎこちなさを残して、植守川橋に到着した。
 矢印のアイコンが示している場所は……

 「やはり、河川敷になるみたいですね」

 取りあえず河川敷へ降りる。
 すると、直ぐにクエスト開始のサークルが見つかる。
 俺たちは、そのサークルの中へ―――

 「よくぞ、この剣を取り返してくれた」

 そのセリフと共の老人の姿が現れた。
 そしてパーシから奪い返した剣を抜き、こちらに見せるように向けた。

 「その剣の名前は黄金の剣クリュサオル。呪われた剣だ」

 「クリュ……なんだって?」
 思わず、俺は聞き返したが、隣からルナさんが「クリュサオルです」と教えてくれる。

 「確か、ギリシャ神話で登場する怪物で、メドゥーサの子供と言えばわかりやすいかもしれません。メドゥーサの死後、その血からペガサスと共に生まれた存在です」
 「メドゥーサ……」

 それは俺でも知っている。

 ゴルゴーン3姉妹の1人。
 毒蛇でできた髪。黄金の羽。下半身は大蛇の尻尾。
 それ以上に有名なのは魔眼だ。
 紅の魔眼を持ち、その目を見る者を石に変えてしまう怪物。

 しかし、メドゥーサに子供がいたとは知らなかった。
 ん?あれ?

 「メドゥーサの子供って、どう見ても剣なんだが?」
 「そうですね。クリュサオルと言うのは剣を持って生まれた人間……あるいは怪物の事のはずですが……」
 「つまり、クリュサオルは剣の名前じゃなくて、本来は持ち主の名前だったという事か」

 なるほど、例えばフランケンシュタイン。
 元はフランケンシュタイン博士が作った人造人間の怪物が、後の世で製作者の名前で呼ばれるようなものなのだろう。
 そういう実例はいくつもある。

 老人の話は続く。

 「この剣を生み出した原因はわしにもある」

 老人は跪くと剣先を地面に付け、片手で手刀を作ると振り上げた。

 「わしの……我が名は『ペルセウス』。アルゴスの守護者の責務において、我が因縁は破壊する」

 ペルセウス。
 その名は、メドゥーサを倒してた勇者の名前。
 飛翔するサンダル、メドゥーサを封印するキビシス、冥王の兜。
 そして、メドゥーサの首を切り取った金剛の鎌。魔眼封じの鏡の盾。
 それらの神具、魔具、宝具を駆使して、メドゥーサを討伐し、他にも多くの伝説の持ち主。

 その老人―――ペルセウスがクリュサオルを叩き割った。

 その光景に思わず、息を飲む。
 老人だったはずのペルセウスの姿は、若く戦士の姿に変わる。
 そして、砕けたクリュサオルの破片からは、黒いモヤが天に向かい舞い上がっていく
 これでクエストが終了したのか?
 そんなははずはない。

 天に帰ってくように見えたモヤは一ヶ所に留まり、みるみるうちに黒い固体に変わっていく。

 黒い球体。

 それが完成したかと思うと落下。
 川へと落ちていく。

 何が起きるのか?そんなのは分かり切っている。
 これは現実の世界であり、同時に現実の世界ではない。

 ここは『ザ・ウォリアー』

 戦士として戦う者を生み出すゲームだ。

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く