『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

フードファイト

 脳内で流れる音楽は『剣の舞』から始めり『天国と地獄』と『ウィリアム・テル』……
 学校の運動会で定番とされる曲が次から次へ流れていく。
 最後には、必ず表彰式の定番『威風堂々』あるいは『見よ勇者は帰る』が流れると……勝利は訪れると信じて!

 正直、大盛りのごはん、スープ、温野菜のサラダ。
 これらは、おかわり自由だが……
 この分量だけで1食分を賄えるに十分な量だ。
 なら、問題は―――竜に比類するパスタですら、様子見の一撃に過ぎない。
 敵の本丸こそ『バベルの塔』……つまり、五層のハンバーグ(プラス2層)だ。
 この戦い、勝敗を分けるのは、このハンバーグにある。

 (どう攻める?どう攻略を目指す)

 ご飯とパスタの炭水化物のコンビから……いや、だめだ。
 外堀から埋めても、本丸の、それも天守閣に届く事は難しい。
 攻めるなら、ハンバーグ。肉、肉、肉だ。

 (ハンバーグ300gなら1000キロカロリ-……だったはず)

 それが5枚で5000キロカロリーか。いや、7枚だから7000キロカロリーと。
 7000カロリーと言えば摂取して脂肪へ変換されれば1キロもの脂肪になる。
 1キロ?たったの?なんて思う人がいるかもしれないが、逆に言えば1キロの脂肪を落とすには7000キロカロリーの消費が必要になるのだ。
 簡単に言えば100キロくらいランニングすれば1キロ分の脂肪が落ちる計算になる。

 だが、俺は喰らいつく。

 切り分けたハンバーグを口にする。噛むと同時に肉汁があふれ出る。
 ジューシーという事は水分過剰という事だ。
 水分というのは大食いに取って、炭水化物と油の次に難敵だ。
 まるで肉汁のジュースを飲んでいるかのような錯覚に陥っていく。
 いや、溺れる。肉汁の海に溺れていく……

 「だが、美味い!」

 一瞬、意識を持ってイカレかけたが、持ちこたえた。
 しかし―――

 (3枚目?すでに意識が飛んでたのか!いつの間に)

 皿を確認するとハンバーグが3枚消滅していた。
 腹具合を確認するとキッチリ3枚分。
 記憶がないまま、食べていたのだ。
 俺は天を仰ぐ。 意識はないがダメージは残っている。
 けど、進む! もう作戦も何もない。 体力が続く限り喰らう。
 スープをむさぼり、肉を喰らい、白米で流し込む!
 途中、何度も後方に体重を預け、動きを止める。

 (もうだめだ。もう食べれないし、食べたくない。―――けど)

 「両手に持ったフォークとナイフが動きを止めない!」

 捻り込む。口内に、体内に、胃袋へ。
 淡々と、黙々と、この動作の繰り返し。
 これしかない。これ以外の方法はない。
 俺が力尽きて、倒れるか?それともすべてを平らげるか。
 2つに1つ……そして、俺は……必ず勝利を手にしてみせる!

 そして、それは訪れた。

 ナイフとフォーク。
 これまで戦いを共にしていた相棒を皿の上に置く。2本の武器を寄り添う用に斜めに角度をつけ……
 皿の上には伽藍洞の虚空が広がっている。

 阿澄彷徨 完食!


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 「だ、大丈夫ですか?」

 ルナさんが心配そうな顔でのぞき込んでくる。
 「大丈夫ですよ」と俺は手をヒラヒラと振って答える。
 でも、動けない。 動いたらリバースする。
 奥さんが食後のコーヒーを運んできた。

 「お見事でした。主人も食べっぷりに関心してました」
 「そりゃ、どうも……ってこれは?」

 「サービスです」とコーヒーと共に置かれたスイーツはパフェだった。俺とルナさんで2つだ。
 どう見たら、今の俺の姿を見て、これが食べれると思ったのだろう?
 いや、絶対わざとだ。奥さんは「ウフフフ……」と姿を消した。

 「それでは、今度の作戦会議を…うっぷ」
 「い、いえ、もう少し休んでください」

 ルナさんに止められ、少し休息を増やす事になった。
 ちなみにパフェはルナさんに食べてもらった。

 「……あれ?」

 よくよく考えてみたらルナさんもハンバーグ3枚分たべてるんだよね?
 単純に3000カロリーってアスリートが1日で食べる食事量に加えてパフェ2つ。
 それを涼しい顔で食べてるルナさん……もしかして、俺がハンバーグ2つ取らなくても1人で……

 「 ? なんですか?」

 俺の疑惑に気づいた……わけではないのだろうが、ルナさんは俺から不信感を感じ取ったみたいだ。

 「……い、いえ、なんでもありません」

 それだけ言葉を返した。

 

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く