『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

成長

 
 雨の中、駅前広場を疾走する。

 背後にはキメラ。
 視界内にいなくてもわかる
 情報処理を行っている『サラブレッド』に送られるキメラの情報力。
 それが、視界外にいるキメラのビジョンを頭に浮かべられる。

 「だから―――」

 足を止めて振り返る。
 それと同時に突き出した双剣は、カウンターでキメラの弱点を貫いた。
 その直後にファンファーレが鳴り響き、キメラは消滅した。

 「ふぅ……」

 ため息を1つ。
 俺は広場を離れて、雨に当たらない場所で座り込む。
 蒸し暑いレインコートを脱ぎ捨てる。
 雨が体温を奪うのが原因だろうか?普段よりも疲労感が多い。

 「いやぁ、今日は余裕そうだよ」

 「どこがだよ?」と悪態をつきながらも陽葵が差し出したタオルを受け取った。
 周囲にはどう見えてるんだろう?やっぱりタオルが浮かんで見えるのだろうか?
 まぁ、デジタルなキメラが暴れる場所で、いまさらタオルが浮かんでるだけじゃ、誰も驚きもしないか。
 俺は、受け取ったタオルで濡れた髪から水分をふき取り、次は露出している肌の部分にタオルを向けた。
 その途中、陽葵の方を見た。 なんで、コイツ無言になった?

 陽葵は分かりやすい「考え中です~」のポーズ。
 具体的には、首を傾けて頬に人差し指を当てている。
 中々、あざといポーズではある。
 しかし、意図してブリッ子をしているのではなく、これが陽葵のナチュアルだから、恐れ入る。 
 そして答えを見つけたのか、固めた拳を上から下へ動かして手の平で受け止める。

 「ポン」と軽い音がした。 

 「いやいや、カナタくん。キメラ相手に2連戦して、その余裕だよ」
 「いやいや、だから余裕はないって」

 否定する俺に陽葵は追い打ちをかける。

 「じゃ、少し前のキメラ戦を思い出してみて」
 「少し前…キメラ戦……」
 「ねぇ、どんな感じだった?」

 思い出されるのはボロボロの俺。正直、嫌な思い出だ。
 でも―――

 「……今は雨の中、2戦しても呼吸が乱れている程度?」
 「そう、それが成長なのです」

 強くなっている?俺が?

 俺は少し震えた。
 わかりやすい成果というご褒美が実感されたからだ。

 「カナタくん、見て見て」
 「……ん?」
 「虹だよ!」

 陽葵と話し込んだ僅かな時間で雨は止んだみたいだ。
 いつの間にか、灰色の雨雲は白い雲に色を変え―――
 隙間のには澄んだ青色。
 そして、七色の橋が空に薄く、頼りなく、でも確かに浮かんでいた。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 その後、帰り道。 

 「で?」と陽葵。

 「で?ってなんだよ?」
 「え?今日もルナちゃんとデートでしょ?」
 「デートってお前……」

 なんでコイツ、「え?私、変な事言った?」みたいな顔してんだ?

 「デートって表現するには殺伐とするコースだけどな!」
 「え?私にとっては、けっこうな理想的デートプランなんだけどなぁ」
 「お前にとっては……だろ?自分がゲーム廃人だという事を、時々でいいから自覚してくれ」

 頬膨らませて、「廃人じゃないもん」と抗議してくる陽葵を「はいはい、かわいい。かわいい」とあしらった。

 「そう言えば……」と俺は前からの疑問をぶつけて見ることにした。

 「なんで、最近のお前、機嫌悪いの?」

 うぬぼれるつもりはないが、てっきり、ルナさんと2人―――陽葵に言わせれば毎日デート状態なわけで―――それが原因かと思っていた。
 つまり、嫉妬か?
 わかいいのう!かわいいのう!という状態である。
 しかし、さっきの会話から、俺がルナさんと2人で会う事に嫉妬してるわけではないと分かった。
 ……残念な事だが……

 「ギギギ……き、機嫌なんて悪くないよ」
 「いや、ウソつけよ。自分で気づいてないのか?ギギギって擬音を言ってるぞ」
 「それこそウソだよ!女の子はギギギなんて言わない。もう知らない!」

 そんなやり取りをしてみて、分かった事は―――

 「やっぱり、全然、理解できない」

 という事だった。

 さて―――

 取りあえず、ルナさんに連絡してみる事にした。
 間違ってもデートとは思えない。
 楽しい楽しいクエスト挑戦のためだ。

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く