『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

パーシのデータ元

 その動きは―――

 まるで誘導弾のような動き!

 パーシは既に目前に来て、剣を振るうモーションにはいっている。
 一瞬、ゲームオーバーの文字が脳裏に浮かぶ。
 しかし、パーシの剣は俺に届かなかった。
 パーシの剣が俺に届く直前―――
 彼の背後に追いついたルナさんが盾を振るっていた。
 パーシはダメージを受けて吹き飛ばされた。
 「助かった」と目で合図をすると伝わったらしく、ルナさんは軽く頷く。
 パーシは立ち上がると攻撃対象をルナさんへ変えていた。 

 「うおぉおおおおおおおおおお!?」

 攻撃モーションに入ったパーシが裂帛の気合を上げた。
 本当に―――人間みたいだ。
 それをルナさんが盾で防ぐ。
 だが続けてパーシの2撃目。それに変化が起きる。
 ルナさんに向かっていくパーシの動きが左右にぶれる。
 そしてルナさんの横へ大きくサイドステップ。そして突きの構え。
 ルナさんは反応できてない。いや、見失っている。

 「ルナさん、右だ!」

 俺の声に反応して、ルナさんは右に盾を振り回し、間一髪で攻撃を弾いた。
 そのまま、距離を取る。

 「カナタさん、今のは一体……私にはパーシが消えて見えたのですが?」
 「消えて見えた……俺の位置からは、彼が一瞬ブレて横に移動したがわかったが……いや、俺が前衛へ行く。ルナさんは相手の動きの観察を頼みます」

 ルナさんが頷くのを確認して前衛へ飛び出した。
 パーシが俺をターゲットと認識する。それと同時に叫んだ。

 「次はお前が相手か!」

 言葉にビリビリとした威圧感が乗っている。
 おそらく、一定条件で発せられる仕様なのだろうが……
 まるで自分の意志を持っているかのように錯覚すらしてしまう。

 パーシの剣が振りあげられる。
 それを双剣で受けようとする。だが―――

 (フ、フェイントだと!)

 パーシはそのまま後ろに下がると突きの構え。
 放たれた突きを躱す。しかし、それが横薙ぎの一振りへ変化した。

 HIT

 俺のHPが大幅に削れる。
 さらなる追い打ちを狙うパーシを前蹴りで蹴り剥がす。
 パーシはバランスを崩し、片腕を地面に着き―――
 俺を睨みつけてくる。

 それを見て―――

 (あぁ、なるほど)

 納得した。

 俺は振り向き、背後にいるルナさんにパーシの正体を―――
 パーシが行っている戦闘術のトリックを伝えようとした。 
 しかし、できなかった。

 「カナタさん、前です!」

 ルナさんの声で前方を確認する。
 敵は―――パーシは既に距離を縮めている。
 本来なら、対処可能な距離。しかし―――
 一瞬、パーシの体が左右にブレて見れる。
 無意識にパーシの動きに視線が吸い寄せられる。
 そして―――

 「やはり……消えたか!」

 パーシは俺の視界から消えた。
 ―――否。消えたように見えた。
 そして、俺のHPはレッドゾーンを越えて0と表示された。


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 「ドリンクバーの無料チケットありますよ。使いますか?」
 「じゃ、お言葉に甘えて」

 俺はルナさんに差し出されたチケットを受け取る。
 夕飯は帰宅して食べるので、スイーツ系で行こうと考えていたが止めておこう。
 スイーツ+ドリンクバーのお得感より、ドリンクバーオンリーの方が代金的には―――
 ルナさんはイチゴパフェを注文した。

 結局、俺とルナさんは仲良くゲームオーバーとなった。
 死亡ペルティでゲームは強制的に停止。再スタート可能になるまで1時間必要になる。
 1時間後になれば日は暮れる。今日中に再びパーシとの対戦は無理だと判断して作戦会議。
 近所のファミレスに入る事にした。

 「パーシの動き、あれは人間技だね」

 「人間技ですか?」とルナさんは不思議そうな表情。

 「『ザ・ウォリアー』のテーマは都会で野生の闘争を再現する事だけど、パーシのモーションは人間の動きを完璧に再現していた」
 「再現ですか?私には、とても人間技とは思えなかったのですが……」

 「う~ん、これは都市伝説的な噂話なんだけど……」と俺は前置きをした。

 「『ザ・ウォリアー』の開発でモンスター……敵としての情報アノテーションを実際の猛獣を研究して、モーションを再現しているのは有名な話だけど……そのテストプレイヤーとして有名なアスリートやプロの格闘家を雇ったらしい」
 「それは、割とある話では?他のARでも、同じ事をしてると思うのですか?」
 「いや、それが……参加アスリートのリストがネットで流出した事が合って……

 「まぁ、見てよ」と俺は保存していたファイルをルナさんの携帯端末ディバイスに送る。

 それを目で追っているルナさんの表情は、見る見る内に険しい顔になっていく。

 「これは、流石にデマでしょね。スポーツに興味がない私でも知っている有名人が100人以上が載ってますが……年収数十億の現役選手ばかりじゃないですか。これが事実なら、隠す意味がありません。むしろ、大々的に発表した方が宣伝効果は凄い事になるかと……」
 「参加アスリートの全モーションを記憶されているとしたら、その価値は?」
 「そんな、まさか……ゲーム内という条件のみなら、全員の動きが忠実に再現できるということですか!」

 ルナが絶叫のような声を上げるのも当然の事だ。
 一流アスリートのモーションデータが1つの会社に独占されているとしたら、その価値は……
 天文学的数字になるだろう。しかし、それでも世界中の金持ち連中は手に入れたがるほどの価値だ。

 「参加アスリートも運営も、その事に気がついたのは後々の事だったんだろう。どんな契約内容だったのかはわからないけど……まぁ、運営もビビって情報公開しなかったんだろう」

 あくまで噂話だから、それが事実なのかは不明だけど……

 「つまり『クエスト』が隠し要素なのは、情報を大々的に公開できないから?それに……いえ、逆だから……隠し要素だからこそ、一流アスリートの情報をゲーム内にフィードバックされている。そういう事ですか?」

 俺は頷いた。

 

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く