『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

デスゲームを告げる男

 近づくと、入り口は簡単にわかった。
 平凡な銀色のドア。工場でよく見るタイプのドアだ。
 素材までは、よくわからないが、なんとなくアルミじゃないか?と連想するタイプのドア。
 そのノブを捻ると「カッチャ」と音がする。

「開いた」

 ドアを開くと―――驚いた。
 開かれたドアの先には立ちふさがるように男が立っていたのだ。
 外国人、大柄な白人男性。黒いサングラスに黒いスーツ。
 倉庫には不釣り合いな用心棒バウンサーだ。

 「招待状を拝見させていただいても宜しいでしょうか?」

 流暢な日本語だった。
 先行していた陽葵が招待状を渡す。『ドラゴンアーマー』さんも、それに続いた。

 「プレイヤーネーム ヒナタ様とルナ様ですね。確認いたしました。どうぞ、お入りください」

 陽葵も俺もゲーム中に表示されるプレイヤーネームを、本名の片仮名表示に設定している。
 『ルナ様』は『ドラゴンアーマー』さんのプレイヤーネームなのだろう。
 俺も陽葵の付き添いとして、中に入れた。

 倉庫の内部は光景は―――

 本物のパーティー会場だった。

 白い布が敷かれたテーブルの上には豪華な食事がある。
 会場に隅には、バーカウンタ-もあり、バーテンダーが常備していた。
 つまり、アルコールもOKなのだろう。
 一方で客の服装もバラバラで、ドレスアップされた正装の男女は半数。
 残り半分は私服か、コスプレだった。

 「すごい!これ本物だよ」

 周囲のオブジェクトも立体映像ホログラムではなく、本物の芸術品のようだ。
 たぶん、どれも高額なのだろうが、陽葵は遠慮なく素手でペタペタと触っていた。

 「……陽葵、知っているランカーや有名プレイヤーはどのくらいいる?」

 あまりにも非日常的な光景に、逆に俺は警戒心を強めた。

 「ん~、あそこにいる赤髪は『魔法撃ちの達人』ケン・石さんかな。
 有名ギルト大島組のギルドマスター『大島組長』ミスターオオシマ。
 『対空戦最強』の銀錦さん。『赤い咆哮』のドルお茶さん。 『嫌われユル戦車』の右サイドさん。『デジタルお兄ちゃん』のラインハルトさん。『第11サポーター』のヤンさん。
 他にも県外から上位ランカーが見える範囲で来てるのが2~3人……かな?」

 「……ゲームプレイ中には気にならないが、実際に二つ名と登録名とを声に出されると凄い違和感だな」

 「……それは失礼だよ」とジト目で苦言を呈された。
 とりあえず、俺は『砲撃姫』のヒナタさんに肩をすくめてみせた。

 そのまま暫くは御歓談。

 何事もなく、パーティは続いた。
 そこに俺は危機感を抱くべきだったのだろう。
 開始時刻を経過しても、運営サイドからアナウンスが何もなかったのを―――


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 今更、思い出されたが、桃林陽葵さんは有名上位ランカー様なのだ。
 現在、陽葵は他の上位プレイヤーに取り囲まれているように会話を楽しんでいた。
 俺は、完全に蚊帳の外ってやつだ。
 隣には、俺と同じで上位ランカーの群れには入れなかった『ドラゴンアーマー』のルナさん。 
 ルナさんは、羨望の眼差しを陽葵に向けていた。

 「やっぱり、凄い方ですね。『姫』さんは」

 俺は「そうですね」と答えだが、その感覚は常に俺が抱いているものだ。
 上位ランカーであり、このゲームでは俺の師匠の立場ではあるが―――
 俺に取って陽葵は、どうやっても陽葵のままだったはずだが―――
 やはり、一部で有名人と化している陽葵を距離感を、壁を感じてしまう。
 考えてみると、俺がこのゲーム『ザ・ウォリアー』を始めたのは、その距離感を埋めるためだったのではないだろうか? 
 じゃ、俺がこのゲームを辞めようとしている理由は?
 「飽きた」なんて口にしているが、結局は、その距離感を埋める事ができなかったからではないか?
 ゲームでよく使われる「分らされた」ってやつだ。
 なんとなく―――俺は漠然と考えていた。

 異変が起きたのは次の瞬間だ。

 会場のライトが次々と切れていき、暗闇が場を支配する。
 一瞬、会場から騒めきが起きるも、すぐにイベントの開始だと勘付いたのだろう。
 このゲームから心が離れている俺でも鼓動の高まりを感じる。
 そして、漆黒の中―――
 スポットライトが1ヶ所に光を集められた。

 そこには男が座っていた。

 黒いスーツに黒いネクタイ。……喪服?
 まるで不幸が服を着ているかのような男だった。

 誰もが、その光景に目を奪われた。
 その男に―――ではない。
 全員が目を奪われたのは、男が座っているモノだ。
 それは、無造作に積み上げられた札束だった。
 そして、男は口にした。

 「100キロだ」

 唐突に言われた「100キロ」の意味が理解できた者はいなかっただろう。
 男は、こう続けた。

 「100キロの札束を用意した」
 

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く