『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~

チョーカー

悪夢の始まり

 ―――一週間前―――

 休日に『ザ・ウォリアー』のボス狩りの誘いに俺は、こう返した。

 「なんか飽きたわ」

 「え?」と聞きかえしてきた陽葵の目は死んでいた。

 「飽きたって!なんで?」
 「なんで?って言われても、俺とお前とじゃレベル差もあるから、同じ場所を歩いても出現モンスターのレベルが違い過ぎて楽しめないし……まして、主狩りは俺なんて力不足だろ?」
 「あ、合わせるよ?カナタのレベル内に収まるように」
 「いや、お前……敵が現れたら、一心不乱に駆けだして行くだろ?」
 「ぬぐ……」

 ランカーなのは、ランカーである理由がある。

 所詮「エンジョイ勢」と「ガチ勢」は相容れられないものなのだ。

 「そ、そんなカナタ君に意識改革を!」

 じゃーんと自前の効果音を出して封筒を取り出して来た。
 表には大きな文字で、こう書かれていた。 

 「招待状?」
 「うん、『ザ・ウォリアー』の公式リアルイベントの招待状だよ」
 「……自慢か?」
 「ち、違うよ。フレメンバーもOKって書いてあるから!」
 「なるほど……でも―――」

 いまどき、封筒で連絡か。
 その時は、僅かな引っ掛かりを思える程度だった。


 そして――――
 リアルイベント当日。


 「……」
 「……」

 2人無言だった。
 明らかに人気はない。
 道を隔てて夜の海がある。
 潮の臭い。押しては返す波の音。
 倉庫街と言えばいいのか? たまに聞こえる音は汽笛のみ……
 俺は陽葵に尋ねた。

 「……迷った?」
 「迷ってない……はず!」

 陽葵は同封されていた地図を逆さにしたり、縦にしたり、上下前後を動かしている。
 ダメだ。典型的な地図が読めない人の行動だ!

 「地図アプリのナビは?」
 「はっ!その手があったね」

 すぐ、携帯端末ディバイスで地図アプリを起動したのだろう。
 彼女は自身満々に歩き始めた。
 しかし、数分後―――

 「……迷った?」
 「迷ってないよ!」

 陽葵が足を止めた場所は、倉庫だった。

 「地図と地図アプリを照らし合わせても、ここが目的地になってるもん!」

 そのまま、止めるのも聞かず、倉庫の入り口に向かって行った。
 俺はそれを追いかける。

 「……帰るぞ」 
 「え?折角、ここまできたのに!」

 陽葵は不満げに言うが……明らかに怪しい。
 公式リアルイベントが、こんな場所で開かれるか?
 普通、入り口には人員を配置してものだろう。しかし、周囲には人の気配がない。
 なにか、こう……
 彼女に悪意を持った人間が、いかがわしい目的で呼び寄せたのではないだろうか?
 そんな事を考えてします。

 「考え過ぎだよ。この監視社会で計画的な犯罪行為なんてムリムリ」

 確かに……陽葵の意見は呑気そうに聞こえるが、陽葵の意見も正しい。

 キラリと光るインカム型の携帯端末ディバイス

 その機能の1つにはビッタリーノという持ち主の生体信号を把握するものがある。
 持ち主が有事の際は自動的に警察、もしくは病院に通報が送られる。
 さらには宇宙の目。
 アメリカのスターウォーズ計画による人工衛星の軍事利用から始まったそれは、あるテロ事件を境に個人への追跡能力を徹底的に精度を高めた。
 さらにエシュロンシステム。
 メールや電話はもちろん、ファックスまで、犯罪にかかわるキーワードは自動的に記録されている。

 個人情報が、プライベートが、何て意見も過去にはあったが……
 結局、人類が選択したのは監視社会による安全性だった。

 女性が深夜に安心して1人でも歩ける世の中ってやつは実現された。

 しかし、それでも、個人の悪意が安全システムを超越する例は0ではない。
 限りなく0には近づきはするが……

 けど、陽葵は―――「大丈夫だって、ホラ」と後ろを指した。
 振り向くとコツコツコツと足音を鳴らして女性が歩いてきた。
 こちらに気づくと、足を止めて会釈をしてきた。 
 俺たちは慌てて会釈を返す。
 街灯から放たれる僅かな光源は、頼りなく彼女を照らす。

 年齢は俺たちと差がないくらいだろうか?
 容姿は―――
 スラリと細く長い手足。整った顔立ち。モデルだと言われも違和感がない。
 ただし、髪型がポニーテールだからか?
 ラブコメ漫画だと、美人くのいちキャラで出てきそうなイメージになってしまってる。
 もちろん、客観的な印象ではなく、俺個人の印象だが……
 そんな彼女は畏まった感じで話しかけてくる。俺ではなく陽葵にだ。

 「あのヒナタさんですか?『砲撃姫』の?」
 「そうですよ。あなたは『ドラゴンアーマー』さんですよね」
 「え?私の事、ご存じで?」
 「もちろん、県内ランカー100人の顔と名前くらいなら諳んじてますよ」

 陽葵は笑顔で言うが、相手の『ドラゴンアーマー』さんとやらは絶句していた。
 上位ランカーを覚えてるだけなら普通かもしれない。
 しかし、県内ランカー100人の顔と名前まで覚えてる人間は、そうそういないだろう。

 「ところで、公式リアルイベントの会場って、こちらで合っているのですか?」

 ドラゴンアーマーが聞く。もちろん、俺ではなく陽葵にだ。
 きっと、俺の事は眼中にないのだろう。

 「丁度、私たちも不安だったんですよ。良かったら一緒に入りませんか?」
 「えぇ、もちろん!是非!」

 女子2人は仲良く手を繋いで倉庫の中に入っていった。
 仕方なく、俺もついていく。
 しかし、女の子の『ドラゴンアーマー』さんとは言いずらい。
 本名は無理でも、せめてプレイヤーネームくらいは聞いておかなければ……

 この時の俺は、こんな呑気な事を考えていた。

「『ザ・ウォリアー』 ~この世界を浸蝕するデスゲーム系の近未来SF&ラブコメディ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く