公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

出張手当はつきますか?(1)

 海洋国家ルグニカの一部を治めている王族が派兵した兵士を返り討ちにしたミトンの町では、思ってもいない事が起きていた。
 そして、その対策として急遽、町の代表者が集められて緊急会議が開かれていた。

「どういうことなのだ?」

 町の物資などを運送する商業ギルドの長が、私を見ながら発言してきた。
 その言葉には、強い感情が込められているが、非難そすると言った物は含まれてはいない。

「レイルさん、どう思いますか?」

 私は、横に座っている彼を見ながら言葉をかける。
 今日のレイルさんは、普段の軽装な皮鎧ではなく普段の住民が着ているような麻を原料として作られた洋服を着ている。
 ちなみに私はワンピースである。

「兵士達の話によると、問題が起きたのは、エメラス・フォン・ルグニカを取り逃がしてから一週間が経過してからだな」
「一週間ですか――それでは、スメラギの総督府が関わってきている可能性は限りなく低そうに思えますわ」

 色町を統率? というか支配している20台後半の女性は、発言をするとすぐに近くの建築ギルドの代表者と話を始めてしまった。
 建物を改築したいという話が聞こえてくるけど、そういう話は、こういう町の今後を決める場ではなく、プライベートに話をしてほしい。

 それよりも――。

「スメラギが関わっていないと判断された原因を知りたいのですが?」

 私の言葉に、色町の代表者は溜息をつきながら私を見てくる。

「――だって、ミトンの町に集まってきているのは食い詰めた者たち。そして無理矢理に町に入ろうとせずにこちらの指示に従っているのでしょう? 扇動をすることもないと聞いていますし、スメラギが関わっているのなら、こちらの落ち度を作った上で、周辺から集まってきた人々を扇動することくらいしてきそうですわ」

 彼女の言葉に、集まっていた代表者達も一斉に頷いていた。

「――あ、あれ? も、もしかして……」

 私は、チラリとレイルさんのほうへと視線を向ける。
 すると彼は、私の視線に気がつくと頷きながら溜息をついていた。

「……さすがですね。皆さんも私と同意見とは……」
「「「「……」」」」

 集まった町の代表者を腕を組みながら某司令官のような格好で発言する。

「ユウティーシア、いいから! 知ったかぶりしなくていいから! 知らなかったんだろ?」

 レイルさんが突っ込みを入れてくる。
 まったく! それだと私が何もしらない馬鹿だと思われてしまいます!

「――な、なななな、何を言っているんでしゅか? 私が予想しないことが起きるとでも思っているんですか?」

 噛んでしまった。
 これでは、まるで私が認めてしまったような物ではないですか?
 私が、言い訳をしようとしたところで笑い声が――。

「いいよ、貴族様なんだから下の者を動かすのが仕事だろ? 私らが何とかしてみようじゃないか?」
「そうじゃな。わしらもこの町の運営権利を持っておるからな」
「アンタくらい、分かりやすい為政者の方が私達にとって楽だしね」

 次々と、町の代表者から言葉を投げ掛けられてくる。

「あ、あの……」

 困惑していると、レイルさんが頭の上に手を置いてきた。

「あれだ。町の運営と警備に関しては俺達が何とかする。ユウティーシア、お前は、お前しかできないことをしろってことだ」
「私にしか出来ないこと……」

 そんなの思いつかない。

「攻めてくるかも知れない敵と戦うとか――?」
「一人だけ戦わせるのは心苦しいが、それが最善策だが……それは根本的な解決にはならないだろう?」
「そうですね」

 私は、レイルさんの言葉に頷く。
 つまり、私がしないといけないことは、私自身が出来ることでミトンの町を何とかしないといけないということ。 

 ミトンの町、その運営は商工会議のメンバーに任せておけば何とかなる。
 何とかしてくれると信じることにしよう。

「わかりました。町の事については、皆さんにお任せいたします」

 私は立ち上がって、頭を下げた。




「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く