公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

商工会議を設立しましょう!(19)

 ミューラさんが寝てから、子供達の体を洗ってホッドドックとホットミルクで朝食をとってから、家の中の掃除はブラウニーさんがしてくれているから、小さな玄関先の庭を掃いてキレイにしていると、あっという間に時間はお昼前になってしまう。

「お姉ちゃん! 寝ていたお姉ちゃんが起きたよ!」

 私を呼びにきたイーク君が元気いっぱいに報告をしてくる。
 今は、ブラウニーさんたちに部屋の中を掃除してもらっているので、また気絶されたら困ることもあり、すぐに家の中に戻る。

 すると、ルアルちゃんを抱きしめながら壁の隅で妖精のブラウニーさんを恐怖の面持ちで見ているミューラさんの姿が。

「お待たせしました」
「そんなに怖がらなくても、ブラウニーさんたちは何もしてこないですよ?」

 私は、ミューラさんに語りかけるけど、彼女は何度も首を横にふると「む、無理! こんな不思議な生物が存在しているなんてありえないから!」と、涙声で力説してくる。
 私は首を傾げるしかない。
 どうして、魔法なんて不思議な物が存在している世界なのに妖精さんを怖がるのか意味が分からない。
 もっと怖がる要素はいっぱいあると思うのに……。

「仕方ないですね。レイルさんやトーマスさんとの待ち合わせ時間も近づいていることですし――」
「えええええー……」

 ミューラさんはルアルちゃんを離し立ち上がると私の右腕を掴んできて「急ぎましょう! 時間がありません! 殿方を待たせるなんて!」と、語りかけてくる。

「まぁまぁ落ち着いてください。古来より男性を待たせるのがレディーの嗜みと古今東西言われているのです」

 ミューラさんは私の言葉を聞いて「え? そうなんですか?」と、ミューラさんは疑心暗鬼な目を私を見てくる。
 まったく失礼ですね! 私は男性の気持ちはよく分かるというのに、そう言われると真に侵害。

「まぁ、落ち着いてください! 男って生き物は、ある程度まで待たされるくらいは許容してくれるような生き物なのです」
「ええー……?」

 ふふっ、まだまだ男女の機微に疎いですね。
 私とか、前世で彼女いない歴20年くらいありましたけどその変は雑誌で補正していましたから問題ないはずです。

「さて! 軽く作戦を説明します そこに座ってください!」
「あ、はい――」

 ミューラさんが、素直に布団の上に座ってくる。
 私も、その正面に座りながら「それでは、これから男性相手への受け答えのレクチャーをしますね!」と伝えて、これからの作戦を説明することした。



 ――1時間後。

 フェリスさんが経営する宿屋が見える曲り角で、私とミューラさんは姿を隠しながら宿屋前に先に来て待っているレイルさんとトーマスさんの様子を伺っている。 

「ふふっ、ずいぶんと苛立っているようですね」
「あ……あの……本当に大丈夫ですか? トーマスさんの上司のレイルさんとかとても怒ってるように見えますけど……」

 たしかにレイルさんはとても怒ってるように見える。
 ただ、古今東西――女性が男性を待たせるのは前世のライトノベルやアニメでは良くあった話だしネットでもそういうのはよると書いてあった。

「さあ、そろそろ行きましょう! トーマスさんやレイルさんはきっと許してくれるはずですし……あ、あと! 最初に伝えた言葉を忘れないようにしてくださいね!」
「――あ、はい!」

 私とミューラさんは、服装と髪型をチェックする。
 今日の私の髪型は三つ編みをしていて淡い青いワンピースを着ている。
 はっきり言って、ミューラさんと比べたらとても地味な女の子って感じ。
 私が地味を演じる事で、ミューラさんの株を上げてトーマスさんの感心をミューラさんへと引き付ける作戦!
 ふふっ、自分の考えと才能が完璧すぎて怖い。
 さて、作戦開始です!

「さあ、いきましょう!」

 私はミューラさんの腕を掴んで曲がり角から出る。
 すると、周囲を見ていたレイルさんが私とミューラさんをいち早く発見し。 

「ごっめーん! 遅刻しちゃた! てへっ!」

 レイルさんとトーマスさんに近づいて、私は女性らしく言うとレイルさんの額に青筋が出来た。
 そんなレイルさんの反応を見たミューラさんはと言うと「遅れてごめんなさい!」と、素直に謝罪している。
 なるほど……兄弟で問題を起こした兄を見てうまく立ち回る弟みたいな感じかと、よく分からない評価をしている私をレイルさんは睨んで「っで! お前は何のために俺達を呼んだんだ?」と聞いてきた。

 私は、レイルさんを見ながら「今日はデートをしようと思いまして!」と告げると、レイルさんは怪訝な表情を見せた後に「でーとって何だ?」と聞いてきた。

 ああ……この世界はデートという文化がないのか! と半ば心の中で突っ込みを入れつつ「簡単に言えば男女で! 遊ぶような物です!」と告げるとレイルさんは「お前はバカだな、そんな事をしてる余裕があるのか?」と私の頭を掴んできた。

 そして、「トーマス、お前はコイツに良いように使われていたミューラー・ジェネレート嬢を責任を持って一日エスコートしろ」と、命令をしていた。トーマスさんが「で、ですが!」と言っているけど、レイルさんが一睨みするだけで、すぐに「わかりました」と命令に従ってしまう。

 私が、レイルさんに捕まっている間にミューラさんとトーマスさんの姿が遠ざかっていき完全に消えると、レイルさんに「男女で遊ぶなど、はしたない言葉を気軽に使うな!」と、怒ってる目で怒鳴られた。

 ええっと……男女で遊ぶって、そんなに悪いことだっけ?



 

「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く