公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

商工会議を設立しましょう!(18)

「ユウティーシアさん! いらっしゃいますか?」
「え?」

 私は、朝食の用意をしていると家の外から声をかけられた。

「お姉ちゃん! 家の外にキレイな女の人が!」

 私のスカートを引っ張ってくるルアルちゃん。
 懐いてきてヨーロッパの童話を一番に強請ってくるのはかわしいけど、外で遊んできたままの泥がついた手でスカートに障ってくるのは、ちょっとやめてほしいかも。

「キレイな人?」
「うん!」

 私はタライの中の水で一度、手を洗った後にタオルで手を拭いて家から出る。
 すると、そこにはミューラさんの姿が。
 まだ、朝早いというのに、清楚な白で纏めた服装をしている姿から、かなりの本気具合が見てとれる。
 はっきり言って、ここまで本気に来られる私も頑張らないといけないかなと思ってしまう。

「あれ? 約束はフェリスさんの宿屋前だったはずでは?」

 フェリスさんは首を傾げる。
 あれ? 私、何かおかしな事を言ったかな?

「ユウティーシアさん! 殿方と待ち合わせをするときとかは、きちんと作戦を練ったり服装に気を付けないといけないんです!」
「だから、こんな朝早くから来たと?」
「はい!」

 ミューラさんは、私の言葉に威勢よく頷く。
 ふう……。
 どうやら、ミューラさんは男性という生物が良くわかっていないようですね。

「いいですか? ミューラさん! 男性というのは家庭的な女性に対して興味を持つものなのですよ?」
「そ、そうなんですか?」
「はい、そうなんです」

 たしか、そうだったはず。
 男性はかなり単純だったはず。

「そして!」
「そして!?」

 私の言葉にミューラさんは目を輝かせて続きを! という催促を見せようと? したところで「お姉ちゃん! お湯が! お湯が!」とリサちゃんが騒いで知らせてきた。

 あ、たしか……お湯にかけたままのお鍋があったかも。

「ミューラさん、ちょっと待っていてね」

 私はすぐに家の中に入り台所へと向かう。
 ちなみに台所は、昨日までは地面が剥き出しだったけど、朝起きたら板張りになって奇麗に研摩されていた。
 日本の大工さんも顔負けの仕事ぶりにして早さだ。
 これはもう【妖精工務店】を設立して建築業を設立してもいいのかもしれない。
 そのうち、【妖精ゼネコン】と、いう名前で株式上場したり……。
 まぁ、株式なんて常識はこの世界には無いから、中世の時代の価値観なこの世界では1000年後とかになりそうだけど。

 台所に入って、拭いていたお鍋を【身体強化】した肉体で持ち上げてからタライに入れる。
 このお湯は、普段はお風呂に入っていない子供達の為のもので、朝風呂というかそんな感じで薄めて使おうと思っている。

「あ、あの……」

 私の行動を見ていたミューラさんは、鉄の鍋を素手で持っていた私に対して青い表情をして、オロオロとしている。

「だ、大丈夫なのですか?」

 ミューラさんが声を震わせながら聞いてくる。

「はい、大丈夫です」

 私はミューラさんの問いかけに答えながら、前世の社会人歴もとい一人暮らしが長い主夫業歴の力を持ってしてササッと朝食を作っていく。
 今日の食事は、兵士の方々に市場で購入してきてもらった野菜とソーセージをパンを使った物。
 パンに野菜とソーセージを挟んで、ソースもどきをかけて範囲を指定して熱量を抑えたファイアーランスで軽くあぶり焼くだけ。
 それだけで、ホットドックの完成!
 せっせとホットドックを作り続け、お鍋の中にミルクを入れて温める。
 子供10人分だから、かなりの数。

「ブラウニーのみなさん! テーブルの用意と出来た料理からテーブルに並べてくださいね!」

 私が言葉を発したと同時に、壁をすり抜けて姿を現し、その姿を見たミューラさんは「きゃあああああああ」と、叫ぶとひっくり返り気絶した。
 やれやれ……ブラウニーさんを見るだけで絶叫して気絶するなんて……。

 仕方ないですね。
 とりあえず、ミューラさんは布団に寝かせるとしましょうか。
 待ち合わせの時間まで、まだ時間はありますからね!



「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く