公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

商工会議を設立しましょう!(12)

「……なんだ……と!?」

 思わず地の言葉で私は言葉を発してしまった。
 周囲の子供たちだけではなくレイルさんも私へと視線を向けてくる。

「どうしたんだ?」

 レイルさんが立ち上がると私の方へ近づいてきて、持っている手紙を覗き込んできた。

「なるほどな……だから衛兵宿舎に手紙が届けられたんだな」
「どういうことですか?」

 私は、レイルさんが言った言葉の意味が理解できない。
 家賃滞納や支払が出来ない場合には、不動産会社か取て立て会社がするべ……あっ!? ここは……日本ではなかった。
 つまり……。

「ああ、お前は貴族だから知らないと思うが家賃が払えないってことは住む権利を無くすってことだ。そしてすぐには出ていくことは無理だろう? だが契約上、出ていくのが当たり前だってことは理解できるよな? つまり、合法的に出て行ってもらう際には衛兵や兵士にある程度のお金を渡して借りてる建物から追い出してもらうんだ」
「そうなんですか……」

 つまり町の兵士の方が取り立ての代行をしていると……。
 それって日本で言うと警察が取り立てをするようなものだからかなり大変なのではないでしょうか?

「ああ、取立てを民間がやると問題になるからな。それに、そういう取立ては稼ぎがいいと言う理由で建国当初から兵士がしてたみたいだな」
「……」

 私はレイルさんの言葉に相槌すら打つことはできない。
 だって、私はここで子供たちと寝食を共にはしてるけど、私が借りてる訳ではないから。

 でも……。
 私は、視線を子供たちの方へと向ける。
 どの子も、陰りのある表情で私を見てくる。
 すると「お姉ちゃん、私達……ここから出ていかないといけないの?」とエリンちぁんが私の近くまで来てスカートの裾を掴んでくると見上げながら涙声で聞いてきた。

 私は、しゃがむとエリンちゃんの頭を撫でながらレイルさんへと視線を向ける。
 この子達が、リエナさんと暮らした場所は、とても大事な場所で大切な場所。
 そして、まだ心の整理が出来てない子供たちにとっては、住む場所や環境が変わることは、とても大きな負担になると思うし……何より持家だと思っていたからリエナさんの遺体も埋めてしまっている。
 何度も埋戻しするのもよくないと思う。

「レイルさん、私の名義で……ここを借りることはできませんか?」
「借りる事か……」

 私の言葉を聞いたレイルさんは考えこむと、両手をパンと叩く。すると「レイル隊長、何か問題でも?」と、戸口から鎧を着た兵士が入ってくる。

「トーマス。ミューラー・ジェネレートをここへ連れてきてくれ」
「ミューラー・ジェネレート? たしかこの界隈を取り仕切る代表だったはずですが?」
「そうなのか? それならちょうどいいな。すぐに連れてきてくれ」
「わかりました」

 レイルさんの言葉に、トーマスさんは頷きながらも私の方へ視線を向けてきている。
 私もトーマスさんの顔を見つめ返すと顔を真っ赤にすると、すぐに建物から出ていってしまった。

「あの……あの人は?」
「何かあったら大変だからな。お前の護衛役として何人かの兵士を近辺に配置しているんだ」
「なるほど……つまり、私が力で町の人を脅す前に何とかしようという事ですか……」
「ま……まあ、そうなるか……な……」

 歯切れの悪いレイルさんに首を傾げながら「えっと……お姉ちゃんが何とかするから大丈夫だから、朝食を食べましょう」と、言いながら私はリビングにお鍋を持ったまま移動する。そして木の器にスープを注ぎながら考える。
 たしかトーマスさんが言っていたミューラー・ジェネレートと言う人は、この建物を含めた周囲を取り仕切る代表者みたいだから、きちんとお話をすれば快く貸してくれるかもしれない。
 出来ればヤクザぽい非人道的な人が来てくれるとお話しやすいですね。 



 ――2時間後。

「レイル隊長連れてきました!」

 どうやら兵士の方がミューラー・ジェネレートさんを連れてきたようですね。
 さあ、この界隈を取り仕切るヤクザな顔を見てあげましょう。
 そしてきちんとお話をして何件か貸してもらおうじゃないですか!

 私は意気揚々と、お家から出てトーマスさんが連れてきた人を見て眉元をひそめる。
 そこには、私と大差のない15歳くらいの桃色の髪をサイドテールに纏めた少女が涙を瞳に浮かべて立っていた。

「えっと……この方は?」

 私の問いかけにトーマスさんが「ミューラー・ジェネレートを連行しました!」 と、意気揚々と言ってきたので、近づいて女性に見えない位置で肘打ちを食らわしておいた。

 崩れ落ちるトーマスさんを、驚きの表情で見ているミューラさんを見ながら、お話がとても難しいですねと私は心の中で溜息をついた。


「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く