公爵令嬢は結婚したくない!

なつめ猫

商工会議を設立しましょう!(5)

「大陸最強の魔法師?」

 私の言葉を聞いたフェリスさんは、反芻するように言葉を紡いでくる。
 フェリスさんお言葉に私は頷きながら魔法陣を消す。

「はい、そして私が使う魔法はかなり高度で特殊な魔法です。そのために私の分身を作り出すことも可能なのです」
「それって!?」

 フェリスさんは私の言葉に動揺を隠せないようで、些か大き目の声で私に問いかけてくる。
 まぁ、体細胞クローンとかテロメアとか遺伝子設計図とか説明しても分からないと思うから分身で通した方がいいと思うし分かりやすいと思う。

「はい、フェリスさんの考えている通りです。フェリスさんが出会っていたのは私の別人格であり分身のティアです!」
「……それは、人なのかい?」

 フェリスさんは、きっとアレクの事が気になって尋ねてきたと思う。
 たぶん人という定義は、まだ発展途上の段階のこの世界では子供が産めるのかい? という生物定義を含んでいるはず。

「はい、きちんと子供も産めますし問題ありません」

 何故なら私の遺伝子をそのままコピーしただけだから。
 だから問題なく子供も産めるし、この世界に適応できると思う。

「そうかい……なら、いいんだよ」

 フェリスさんは、どうやら納得してくれた模様。
 でも、私はフェリスさんにお願いしたい件がある。

「それで、フェリスさんにお願いがありまして……」
「なんだい?」
「出来れば、アレクとティアには、しばらくミトンの町には来ないようにと託をお願いできませんか? 私と瓜二つのティアがミトンの町に来ましたら問題になると思いますから」
「なるほどね……分かった。ユウティーシア公爵令嬢、貴女の話が本当かどうかエイリカ村に私が自ら出向いて確認してきようじゃないか」
「ありがとうございます。その方が、こちらとしても助かります」

 私は頭を下げながらフェリスさんにお願いをする。
 すると、フェリスさんは溜息をついた後に、部屋から出ていった。

 フェリスさんが、私とティアは別人だと理解してくれたか分からないけど、何も言わず部屋から出て行った事から見て、多分理解してくれたんだろうと自分を納得させる。
 私も夕方以降は、子供達に会いにいかないといけない。

「ブラウニーさん」
「なんでちか?」

 私の言葉に10匹のブラウニーさんが集まってくる。

「今日から建物内のお仕事があるんですけど、お願いできますか?」
「はいでち!」

 さすがはブラウニーさん。
 お家内のお仕事は大好きみたいですね。

 さて――。
 あとは……と……。
 私は引き出しから金貨、銀貨、銅貨の入った袋を取り出してワンピースの腰紐にくくりつける。

「それじゃブラウニーさんは、このお買いもの籠に入ってください」
「はいでちー」

 ブラウニーさん達は一斉に買い物かごの中に入ってきて一瞬で満員になってしまう。

「えーと、そうじゃなくてね」

 私は籠に入っているブラウニーさんと出してはベッドの上に並べていく。
 気分はまるでひよこの雄雌を分ける感じ。
 妖精さん達を分け終わった後は。2階の窓から外に出る。
 私は裏路地に着地すると、少し変な匂いがしてきたけど、無視して市場に向かい多くの野菜や肉を購入し買い物かごの中に入れていく。

 入れるたびに「助けてー」という声が聞こえてくるけど無視する。
 きっといつのも、構ってという遊びだと思うから。
 食材を選んで購入し調理器具と蝋燭を何本か購入する。
 兵士さんが献上してくれたお金が大活躍中です。

 あらかた食料を購入した後は、子供達が待っている家に向かうだけです!





「公爵令嬢は結婚したくない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く